ネイマール側がPSGにある要求

写真拡大

フランスのメディアは、ブラジル代表FWネイマール側がPSGにバルサへの移籍金の支払い能力の証明を求めていると報道している。
『BFM TV』の報道によれば、ネイマールの代理人はPSGがUEFAのフェアプレー規則に違反せずに、FCバルセロナに移籍金2億2,200万ユーロ(約287億8,500万円)もの移籍金を支払うことができることの証明を求めているようだ。

【関連記事:渦中のネイマール ピケと冗談】

もしPSGがUEFAのフェアプレー規則に違反すれば、シーズン2018-19よりあらゆる国際大会から除外される危険がある。
ネイマールJr.の移籍金をUEFAの規則に違反せず支払うために、現在PSGはFWハテム・ベン・アルファやMFグジェゴシュ・クリホビアクの売却も考慮しているという。