空爆され瓦礫の山となったモスル市内


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「イスラム国」の終わった日

 6月29日にイラク軍が「ヌーリ・モスク」を奪還した。これを受けてイラクのアバディ首相が「ISという偽りの国家は終わった」との声明を出したというので、大げさな演説をしたのかと思いきや、どうもツイッターつぶやいただけだった。

 ヌーリ・モスクは、3年前に、ISの指導者バグダディが「イスラム国」建国の大演説をした場所だが、ISが敗走する際に爆破してしまったらしい。イラク軍が奪還した時はがれきの山になっていた。

 しかし、7月9日には、アバディ首相本人がISに支配されていたイラク第2の都市モスルに乗り込み、勝利宣言。地元のテレビは、歓喜に踊り続ける民衆を映し続けた。

 イラク北部、クルド人自治区の街アルビルには、ここを拠点にモスルを取材しようと、大手メディアをはじめ多くの日本人が滞在していた。イラク人医師のリカー先生も、日本からやって来た。

 リカー先生はモスル出身のクリスチャンで、小児がんの専門医としてイブン・アシール病院で働いていた。3年前に彼女が暮らしていたキリスト教徒が多数を占めるカラコーシュという村がISの襲撃を受けたため、日本に避難して暮らしている。

 以来、モスルには戻っていなかった。今回は、モスルの病院に戻るための手続に来たという。興奮気味に、ニュースを見ている。しかし、クリスチャンの彼女は、たとえ「イスラム国」がなくなっても1人でモスルに行くのは危険だ。

 「来週、うちの現地人スタッフが薬を(モスルにある)イブン・アシール病院に届けるんですが、行きますか?」と聞いてみた。

 イブン・アシール病院で働く女医のワサン先生はイスラム教徒で、アルビルに避難しているが、最近はほぼ毎日モスルへ1時間かけて通っている。彼女によれば、東モスルは、ISが去ってから半年が経ち、病院までの幹線道路の治安は守られているから大丈夫だという。

 そこで、今回は、鎌田實が代表を務めるJIM-NETというNGOが集めた70万円分の抗癌剤を彼女たちに届けてもらうことにした。

カラコーシュの自宅を訪れるリカー先生


リカー先生モスルへ帰る

 7月15日、JIM-NETが購入した薬を積んだ車にリカー先生が乗り込んだ。いつもは簡単に通過できるクルド自治政府の検問が、厳しくなっており、数人のジャーナリストは許可をもらえず立ち往生していた。

 ワサン先生が、「私はモスルの病院で働いている医師で薬を持って行くところなのです」と交渉し難なきを得たが、メディア関係者のモスルの取材は許可が出なくなったそうだ。

 勝利宣言をしながらも戦闘が続いているという事実を隠したいのだろうか?

 アルビルを出て、モスル内に入る検問は、ハシドシャービーと呼ばれるシーア派の軍隊が行っていた。十字架をかけ日本のID(在留許可省)を見せるリカー先生にスンナ派ムスリムよりも親近感を覚えたのか、愛想よく話しかけてきた。

 薬を載せた車は順調にイブン・アシール病院に到着した。上空はイラク軍のヘリコプターが低空を旋回し、時折遠くで爆発音が聞こえる。

 病院の代表を務めるナシュワーン先生が出迎えてくれ、リカー先生との再会を喜んだ。ISに支配されていた時も、ナシュワーン先生たちは、病院に残り、子供たちの命を守ろうと懸命だった。

 ISは、恐怖のイメージばかりが先行するが、意外にも自治政府のように機能していたようだった。医師の給料も中央政府から送金され、銀行から引き出して支払われていたらしい。薬も中央政府から届いたものを使っていた。

 ISは学校教育にもそれほど介入しなかったというが、モスルを占領して1年が経つと状況は厳しくなり、ISの教育が押しつけられるようになり、子供たちは学校に行かなくなったという。薬も底が尽くと、シリアやトルコから何とか調達していたようだった。

 「私は、福島の原発事故のことを思い出します。日本があの時、いかに助け合って皆で苦難を乗り越えたのか。その日本が薬を支援してくれることはどれだけ私たちに勇気を与えることでしょう」

 「ただ私たちの災難は、もっと根が深い。それは、人間がやったことだからです。そして、残念なことに、我々の仲間もISに感化されて、殺しに加担した」

 「大学を出て医者になるときに、私たちは宣言します。人間の命を助けるのが私たちの使命だと。しかし、彼らは、殺めることに手を染めた。医者ではない側面を見せてしまった」

 ナシュワーン先生はこう言って肩を落とした。昨年12月には、連合軍がイブン・アシールにISの戦闘員がいるとして空爆を行なっている(参考=https://twitter.com/trbrtc/status/814582295239806978)。そして、1月にはISが病院を去るときに火を放ち、病院がほぼ使えなくなってしまっていた。

イブン・アシール病院に薬を届ける。中央がナシュワーン先生


 ナシュワーン先生たちの努力で病院の機能は85%回復したというが、薬は、JIM-NETなどの援助団体の支援に頼っているという。

 病院の壁には、ISに関係していたかどうか警察の(スクリーニング)をまだ受けていない病院関係者の名前が張り出してあった。スクリーニングを受けないと病院では働けないのだ。

 病院を出るとリカー先生が、JIM-NETスタッフに興奮気味に説明し始めた。

 「この道は、2005〜2009年頃(IS以前)は地獄の道と言われていました。私が毎日、病院へ通う際に、必ずと言っていいほど遺体がころがっていました」

 リカー先生の車も銃撃されたことがあり、助手席に座っていた運転手の弟が死亡した事件もあったそうだ。

 リカー先生が医者になって最初に働いたというサラーム病院は、1980年代に日本の商社が作ったもので、彼女にとっても思い出が詰まっている。

アルビルに避難していたアイーシャちゃん4歳。アルビルでは栄養失調になった。数日前ににモスルに帰ったが容態が悪化して亡くなった


 イラク軍と連合軍の空爆を受け、激しく破壊されており、今では廃墟となってしまっていた。

 リカー先生の生まれた家にも立ち寄ってみた。イスラム教徒の患者の家族が留守を守っていた。

 しかし、隣人がISの兵士と一緒にやって来て、キリスト教徒の財産だから接収すると言ってきた。結局家賃をISに毎月400ドルほど支払うことになったという。

 モスルが解放されると、隣人はイラク警察に逮捕された。しかし2万ドルを払って釈放されたという。今は何をしているかというと、今度は、シーア派のハシドシャービーという部隊に雇われているというのだ。まるでオセロのようだ。

 モスル解放で、歓喜で踊る人たちがテレビで写されていたが、実はテレビに映っていたのは一部で、ほとんどの住民はおとなしくしていたという。ISの元戦闘員がまたいつ襲ってくるかわからないからだという。

廃墟と化したカラコーシュ

 リカー先生は最後にかつて自分が暮らしていたカラコーシュに立ち寄った。カラコーシュの入り口には修道院があった。マリア像がすでに修復されていた。

 教会を守っているイラク軍の兵士が案内をしてくれる。ここはISの基地になっていたようで、ベッドルームの壁にかけた布をめくるとトンネルの入り口だった。

 兵士と一緒にJIM-NETのスタッフが中に入って行くとトンネルは意外と大きくて、地下要塞のようで、ひんやりとして涼しい。地上の気温は50℃を超えており、息をするのも苦しいのだが、ISの戦闘員の頭は、地下で冴えていたのだろう。

民家に飛んで来たロケット弾


 町には500家族ぐらいが戻り始めているというが、中心部は壊されたままであり、教会もまだカギがかけられたままで十字架が修復されていない。

 焼かれた商店街に散髪屋があった。床には切った髭らしきものが散乱していた。ISの戦闘員が逃走する際に髭を切り落としたのだろう。

 そして、かつてリカー先生が暮らしていた家も焼かれて壁が崩れ落ちていた。「リカー先生、危ないよ。仕かけ爆弾とかあるかもしれないから」というJIM-NETスタッフの制止を振り切り、先生は写真を撮り続けた。

 リカー先生が、カラコーシュからアルビルに着いた頃、ニュースが入ってきた。カラコーシュのチェックポイントが襲われ武器を収奪されたらしい。髭をそったIS の戦闘員は見わけもつかず、いきなりトンネルから現れるかもしれないそんな恐怖がある。

モスルに戻る人々

リカー先生の患者家族に再開。リカー先生が来ると知り、おめかしをしてきた


 ISの3年間は何だったのか、リカー先生は、アルビルに戻りふさぎ込んでしまったという。モスルに平和が来るとはなかなか思えない現実があった。

 一方、避難民キャンプで暮らしていた人たちはモスルに戻り始めている。1日に2000人ほどがキャンプを去っていくという。しかしそれはモスルが安全になったからではない。キャンプの生活が劣悪でほかに行くところがないのだ。

 癌を患っている子供たちにとっても深刻な状況が続く。アルビルに来ても十分な薬がない。ISが潜入するのを恐れてアルビルに入る許可も難しくなっている。ではモスルの病院に薬はあるのか?

 イスラム国の時代の方が良かったとならないように、支援を続けていくことが大切だ。

JIM-NETのHP支援はこちら=http://jim-net.org/support/donation.php

筆者:佐藤 真紀