高畑充希、初めて恋に落ちるも…『過保護のカホコ』第3話

写真拡大

高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)の第3話が7月26日に放送。高畑演じる根本加穂子が、自身が初めて恋に落ちたことに気づいて奔走する姿が描かれる。

遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野初(竹内涼真)と出会って成長していくホームドラマ。これまで、親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコと、画家を目指す青年・初との出会いや、カホコが初めてアルバイトに挑戦する姿、カホコが初めて人の悪意に触れてしまい、どうして良いのかわからずに思い悩む姿などが描かれた。

両親にも打ち明けられずに悩んでいた従姉妹のイトとの確執を初に打ち明けるカホコ。自分を受け止めてくれた初の意外な優しさに心打たれ、初が夢にまで出てきてしまうカホコだったが、娘の異変を敏感に嗅ぎ取った母・泉(黒木瞳)から、初に会うことを禁止されてしまう。それでも、大学では同年代のカップルがどこか羨ましく、なんとなく初を探してしまうカホコ。母に後ろめたさを感じつつも初に会うが、自分と正反対の女性がタイプだと知って落ち込み、さらには恋愛相談に乗ってやるとまで言われてしまう……。

そんな中、イトの母・節(西尾まり)から入院中のイトの様子がおかしいので力になってほしいと連絡が入る。チェリストの夢が絶望的になったイトから「親戚の奴らみんな大嫌い」と本音をぶつけられて顔を合わせづらいカホコは、初に頼み込み自分の代わりに入院中のイトと話をしてもうらことに。しかし、同じ芸術の道を志す者として気が合う2人の様子を見て複雑な気持ちになってしまう。

叔母の環(中島ひろ子)から自分の気持ちが恋だと指摘されたカホコは、親戚夫婦の馴れ初めを聞き漁り、正高(時任三郎)が泉を好きになったきっかけが手作り弁当だったと知ると、花嫁修業と偽って泉に弁当の作り方を教えてほしいと頼む。さらに、思わぬ成り行きで初に告白しようということになり、インターネットで得た情報を駆使するが、その結末はどうなるのか。

陰ながら娘の初恋を応援する正高は、初が好きそうな洋服を買いたいというカホコを手伝うが、泉は様子のおかしいカホコに目を光らせていた。そして、イトの退院を祝って再び親戚一同が集まることに。イトとの再会に緊張するカホコだったが、初恋をきっかけにそれまで盤石だったカホコと泉の絆に予期せぬ亀裂が生まれようとしていた……。