Image: Kim Poh Liaw/YouTube


買えるものなら買いたい。

レノボの折りたたみスマートフォン「Folio」のプロトタイプが、2017年7月第4週にサンフランシスコで開催された展示会「Lenovo Tech World 2017」で展示されていました。Folioは2016年の「Lenovo Tech World 2016」で初めてコンセプトモデルとして発表されましたが、製品化の予定は未定。今も鋭意開発中とのこと。


201725_lenovo.gif
Animation GIF: Gizmodo US/YouTube


画面を折りたたんだスマートフォンモードでは5.5インチ、広げてタブレットモードにすると7.8インチになります。ポケットに入れて運べるスマートフォンにもなって、タブレットにもなる端末なんて、今すぐ欲しい。

折りたためるディスプレイは、長年誰もが夢見ながら未だ実現できていないアイデアのひとつ。

Microsoft(マイクロソフト)のタブレット「Courier」を覚えていますか? iPadがまだ世に出ていない2009年に登場し、後期試作品まで開発されましたが、いつの間にかプロジェクトは消えていた折りたたみ式のタブレットデバイスです。サムスンの2画面折りたたみスマートフォンは今も出る出る詐欺状態。でも2017年6月、画面まで折りたたむノートパソコンのコンセプトを発表していたレノボは、折りたたみディスプレイ搭載デバイスへの本気度は高いと信じたい…。

iPhoneの画面で挿絵入りの小説や雑誌を読むのは苦痛。でもタスクごとにiPhoneとiPadを切り替えて使うのはイヤ。デカすぎるPlusも論外。折りたたんだコンパクトな状態で持ち歩けて、動画を観たり本を読むときには広げて広々とした画面で楽しめるデバイスがあったら最高じゃないですか。だからレノボのFolioには超期待してます。


Video: Kim Poh Liaw/YouTube


アジア人ユーチューバーKim Poh Liaw氏が、展示されていたFolioのタッチ&トライ動画を投稿しています。端末の操作はレノボのスタッフしか行なっていませんでしたが、端末を二つ折りにする様子がよくわかりますし、ちゃんと中身のソフトウェアも動作しているように見えます。

Folioは、Snapdragon 800プロセッサを搭載、OSはAndroid 7.0 Nougat。折りたたまれているか広げられているかに応じて、画面表示領域を自動的に再構成します。上のデモでは、写真を撮りつつ、スマートフォンモードの背部画面で被写体の人にライブプレビューを見せていました。

2016年よりも完成度が上がっているように見えます。レノボから公式な製品化の発表はないものの、近い将来、折りたたみスマートフォンを手にする機会が生まれそうでとても楽しみです。


Image: YouTube
Source:YouTube via Android Community

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(mayumine)