天才バッジョが自らの後継者候補に言及 ファンタジスタの系譜を継ぐ者に挙げたのは?

写真拡大

地元紙の取材に対し、ボカ・ジュニアーズのセントゥリオンの名前を挙げる

「偉大なるポニーテール」と称された元イタリア代表のファンタジスタ、ロベルト・バッジョ氏は自らの系譜を継ぐ選手に意外な名前を挙げ、話題になっている。

 イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じている。

 2004年にブレシアで現役引退したスーパースターは、アルゼンチンに別荘を所有。サッカーから離れて、趣味のハンティングに興じるなど悠々自適な日々を過ごしている。

 バッジョ氏は同紙からファンタジスタの系譜を継ぐ選手の質問を受けると、あるイタリア系アルゼンチン人選手を挙げたという。

「私は南米のサッカーをよく見ているよ。ボカ・ジュニアーズのファンで、セントゥリオンが好きなんだ。しかしながら、彼はピッチ上での素行を改善しなければいけないね」

 アドリアン・セントゥリオンは、2013-14シーズンに期限付き移籍でセリエAジェノアでプレーした経験を持つ24歳。その後、ブラジのル名門サンパウロからアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニアーズに移籍した。

 知名度の低いセントゥリオンだが、圧倒的な技術と細かいステップで相手を幻惑するドリブラー。バッジョはその姿に「自らの後継者」として期待をかけているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images