中国で身寄りのない孤児たち400人を引き取って養子縁組した上で、戦う術をたたき込んで、総合格闘技の檻に送り込んでいるMMAクラブの実態が明らかになっています。ムービーが公開されると多くの波紋を呼び、戦うことを運命づけられた子どもたちの扱いを巡って議論が紛糾しています。

MMA club adopted 400 orphans and teaching them to be ruthless fighters - FIGHT VIDEO FORUM

http://fightvideo.mmatd.com/viewtopic.php?t=91844

MMAクラブとはどのような集団なのかについては、以下のドキュメントムービーを見ればよくわかります。

This MMA club adopts and trains orphans to be UFC fighters - YouTube

UFCのスター選手コナー・マクレガー。



マクレガーに憧れる少年は、初めてケージに入ったときに恐怖を感じたとのこと。



ケージとは、網で囲まれた戦いの場。



中国・四川省の成都では、12歳の少年がケージで戦っています。



チャンピオンベルトを巻いた勝者。



成都にある「MMAクラブ」には、400人を超える少年が養子として引き取られています。



「気をつけ!」というかけ声に、整列する少年たち。



厳しい訓練が始まる模様。



「お前たちのいる環境は、決して良いものではない」と話すのは、MMAクラブマネージャーのドン・チョウ氏。



「もう無理だ、逃げ出したいと言ったヤツがいた。もう帰るとな」



「家に帰って一体どうする?」



「家畜になるのか?乞食になるのか?」



「それともチンピラになるのか?」



MMAクラブに来て10カ月のシャオ・ロン君。歳を聞かれると「14歳」と答えました。



寝て起きてはトレーニングをする、格闘漬けの日々だとのこと。



「両親はどうしているの?」



「父さんは死んで、母さんは逃げていった」



すでに3年間MMAクラブにいるというシャオ・ウー君。



おばあさんに「総合格闘技が好きか?」と聞かれて「好きだ」と答えたウー君は、MMAクラブに連れてこられたとのこと。



MMAクラブに引き取られた子どもたちのほとんどが、身寄りのない状態です。



MMAクラブの子どもたちの試合は、観客を集めて行われています。



総合格闘技ルールで行われる試合は、大人顔負けの迫力で流血もあり。



試合の合間に行われるショー。



集まった観衆は絶叫をあげることもあるとのこと。



試合後には撮影を求められる選手もいます。



戦いを運命づけられた子どもたち。



「彼らにはファイトマネーは支払われているのか?」という質問に対して、MMAクラブコーチのワン・チョウ氏は、「多少なりとも支払われている」と答えています。



マネージメントをしているという彼らは、「必要なときに必要な額を与えている」と述べるだけで、金額については教えられないと答えました。



人生を戦いに捧げていると言っても過言ではない子どもたち。



生きるためには過酷な生存競争に勝たなければなりません。



「わかったか!?」と大きな声で指導するMMAクラブ代表のエン・ボー氏。



貧しい家庭の出の子どもたちは、みなボー氏の養子としてMMAクラブにやってきます。



孤児を管理する地方の役所の認可も得ているとのこと。



孤児を送り出す人も、ボー氏も、そして子どもたち自身もMMAクラブに入るのに同意しているそうです。



厳しい訓練をするウー君。



MMAクラブにいれば、衣食住に困ることはないと答えます。



故郷に戻れば飢えをしのぐのに必死ですが、MMAクラブでは食事にありつけるとのこと。



「故郷とMMAクラブのどちらが良いか?」



「ここでは肉も卵も食べられる。家に帰ればジャガイモだけです」



故郷に帰ったところで労働の日々が待っているだけだとウー君は答えました。



両足を広げるいわゆる「股割」をするロン君。



あまりの痛みに顔がゆがみます。



「これができないと、故郷に送り返されるのです」



「故郷には戻りたくないから」



トレーニングの日々。



「始め!」



みな懸命に戦う技術を身につけます。



「柔軟性は重要だ。そうでなければ、ノックアウトされるだろう」



「結局、彼らをどうしたいのですか?」という質問に対してボー氏は……



「どこにやろうということはない。ここのやり方になじめない者は、故郷に送り返されるだけだ」



「つまるところ、チャンピオンベルトや最高の地位は限られているんだ」



限られたポジションを守ろうと、みな必死で訓練に臨みます。



「どんな将来を描いているのか?」という問いかけに、「UFCで戦いたい」と答えるロン君。



勝つことだけを夢見てトレーニングに励みます。



ウー君もUFCのベルトを巻くことが夢だと語りました。



MMAクラブのムービーが公開されると、「児童虐待ではないか?」「孤児を搾取しているのでは?」という批判が上がり、違法行為が行われていないかについて、警察による捜査も始まっているそうです。