画像提供:マイナビニュース

写真拡大

DCコミックを実写化した映画『ワンダーウーマン』(8月25日公開)で、同作の公式アンバサダーに決定したアイドルグループ・乃木坂46が歌うイメージソング「女は一人じゃ眠れない」の衣装が26日、初お披露目された。

お披露目されたのは、衣装を着て腕を前でクロスさせる“ワンダーウーマンポーズ”を取った白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、堀未央奈、衛藤美彩のビジュアル。また、同楽曲のアーティスト写真も公開された。

乃木坂46が衣装やミュージックビデオ(MV)を映画とのコラボレーションで制作するのは初の試みで、今回お披露目された衣装は、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンのコスチュームをイメージして制作。ワンダーウーマンと言えば上が赤、下は青色のコスチュームが印象的だが、コラボ衣装もそのカラーを反映した。

衣装は細かいディテールにもこだわってデザインされており、スカートのウエスト部分にはワンダーウーマンの「W」のマークが施されている。白石麻衣は「ウエストにワンダーウーマンのマーク『W』が入っているのがとてもかっこいいし、背筋が伸びる思いです。スカートはデニム生地を使っていて、今までの乃木坂46にはなかった力強さを感じます」と明かし、乃木坂46の新たな一面を見せた衣装になったようだ。

西野七瀬は、同楽曲のダンスについて「ワンダーウーマンにぴったり合うダンスだと思いました。ワンダーポーズも入っていますし、ダンスがとても力強い。踊っていても、自分が自然と強くなっていく気がしてきました」と話し、「今までの乃木坂46にはないダンスで、このようなダンスが踊れること自体、本当に嬉しいです」と喜んでいる。

なお、イメージソング「女は一人じゃ眠れない」のMVは、『ワンダーウーマン』公式HPと乃木坂46のオフィシャルホームページで26日正午より公開される予定。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC (C)乃木坂46LLC