画像提供:マイナビニュース

写真拡大

テレビ東京系ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』(毎週金曜20:00〜20:54)の第3話ゲストが26日、明らかになった。

同作は富樫倫太郎の『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)をドラマ化。2016年1月クールに第1弾が放送された。"空気は読めないが事件は読める"エリートキャリアのKY刑事・小早川冬彦(小泉孝太郎)と、"男まさりで口の悪い"ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)のコンビが事件を解決していく。

第3話では、テレビ局を舞台に殺人事件が発生する。オリンピック関連の仕事のためにテレビ局へ来ていたゼロ係のメンバーが、偶然見学していた生放送の人気情報番組で、アイドルが死んでしまうという展開に。

グルメレポート対決中に殺人事件に巻き込まれた人気女優役を演じるのは、財前直見。ドラマ『Doctor-0』を撮影中の女優という役どころで、『ドクターX』シリーズを彷彿とさせるが「衣装合わせの際、白衣ならすぐに用意できるということで"女医"になりました」と裏事情を明かした。「手術の成功率零の物語をほぼアドリブで演じました」と語り、「サインを考えたり思いっきり女優役を楽しみました」と現場の良い雰囲気を明かした。

また、小泉&松下とはほぼ絡みがなかったことを残念がっていた岡田浩暉は、番組プロデューサーを演じる。生放送中にアラビアータを食べた直後、突然苦しみ出して死んでしまうアイドル役の増田有華は、「財前さんは撮影の合間になぞなぞを出して遊んでくださいました」と、役柄とは正反対のほのぼのした雰囲気を披露。「『鉄火丼とマグロ丼の違いはな〜んだ?』と言っている財前さんが本当にチャーミングで、素敵な方だなぁと思いました」と印象を語った。

ほか、情報番組『ゲッツDEワンダフル』の司会者・スマイリー福本をダンディ坂野、ゼロ係に相談に来た住民・麻生恵一をTKOの木本武宏が演じる。