ドナルド・トランプ大統領は現地時間7月25日、米メディアWall Street Journalのインタビューにおいて、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、アメリカ国内に3つの大規模工場を建設すると約束した、と語りました。

Apple、米国内への工場新設を初めて明言

トランプ大統領によれば、クックCEOは大統領に対し「3つの大きな工場、美しい工場」を設立すると約束したとのことです。ただし大統領は建設場所や時期といった具体的な内容は明かしませんでした。
 
工場建設の話は、法人事業税改革と投資についての話し合いの際に浮上したとし、
 

(クックCEOと)話をし、3つの大きな工場を設立すると約束してくれた。大きな、大きな、大きな工場だ。

私はこういった。ティム、この国での工場の建設を始めない限り、政権の経済的成功はないと思う。すると彼は電話をかけてきて、前に進むといってくれた。

 
Appleがアメリカ国内への工場設立を明言するのはこれが初となります。

Foxconnも米国内に工場を建設

Appleは今年5月には、米国内の製造業の促進と雇用創出を目的としたファンドの立ち上げを発表、その出資先の第一号にはCorningが選ばれたことを明らかにしました。
 
アメリカ国内への工場建設では、AppleのサプライヤーであるFoxconnも、大型テレビ向けディスプレイ製造工場の建設先を、ウィスコンシン州にするために調整を進めていると報じられたばかりです。
 
 
Source:WSJ
Photo:トランプ大統領のTwitter
(lunatic)