大喜多 健吾(おおきた・けんご)  1978年、三重県生まれ。立命館大学大学院(理工学研究科 環境社会工学専攻)修了後、大手建設コンサルタント会社に勤務。結婚し、子どもも生まれ、順風満帆な生活を送っていたが、上司やクライアントの厳しい要求など過度のストレスから、死を考えるほどのうつ状態に陥る。やがて家庭が崩壊し、2歳の子を抱えたシングルファザーとなる。どん底の中、祖母の「人生はよくなるようにできている」という言葉をきっかけに、さまざまな宗教を学ぶ中で、仏教に強く惹き付けられる。経典や書籍を渉猟するとともに、仏教の指導者から5年間にわたって指導を受け、ブッダの教えを実践することで、どん底状態から復活する。現在、ブッダの教えや仏教の考え方を使って、多くのクライアントが抱える悩みを解決している。

写真拡大

多くの人が抱えている問題のほとんどは、仏教で語られる「煩悩、執着、偏見」を捨てることで解決します。ブッダのエピソードや名僧たちの言葉が、あなたの悩みを消し、もっとラクな生き方を教えてくれます。最新刊の『捨てる力 ブッダの問題解決入門』では、2500年の歴史に培われてきたブッダの教えに学びつつ、「こういう解釈をすることで悩みが解決し、人生が好転する」といった、問題解決法を提案していきます。多くの事例を紹介しながら、ビジネスパーソンが抱えるお金、人生、人間関係、家族、幸運などについての悩みを、仏教的視点で解決する38の方法です。

【布施】
貧しさから逃れたければ、人のために惜しみなく与えなさい。施すからこそ、自分が豊かになれるのです。

「仏教では、貧しさから抜け出すことができない人は、これまで他人に施しをしてこなかったからだと考えます。
修行僧たちが托鉢で布施(ふせ)をいただきに行くのは、貧しい人々に施しをするチャンスを与えているのです。
だから、『托鉢をするときは、貧しい人の家から積極的に回りなさい』と言われます」

これは、ある住職から聞いた話ですが、みなさんは意外に思われるかもしれません。
経済的に苦しい人より、裕福な人を訪ねるほうが、相手の負担も少ないだろうし、お布施も確実にいただけるはずなのに、と。

しかし、「与えるから与えられる」のが仏教の原則。
一般的な感覚とは逆なのです。

一方、貧しい人は生活に追われ、いつもあくせくしています。
他人を思いやる余裕もなく、自分のことばかり考えているから、悪循環から抜け出せないのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)