Appleは現地時間7月25日、iOS11とmacOS High Sierra(バージョン10.13)のパブリックベータ3を公開しました。登録ユーザーは無料でダウンロードすることができます。
 
iOS11、macOS High Sierraともに、パブリックベータ2からは約2週間でのリリースとなりました。

iOS11パブリックベータ3では変更箇所が多々あり

Appleはその前日の24日に、開発者向けとしてiOS11とmacOS High Sierraのベータ4をリリースしています。今回公開されたパブリックベータ3は、開発者版ベータ4と同じ内容のものです。
 
iOS11パブリックベータ3(開発者版ベータ4)では、純正アプリのアイコンが変更されたほか、通知センターの使い勝手が向上し、AirDropの通信先が設定アプリから変更可能となっています。
 
macOS High Sierraパブリックベータ3(開発者版ベータ4)は、バグ修正やセキュリティ向上が中心となっているようです。
 
 
Source:MacRumors (1),(2)
(lunatic)