Adobeは現地時間7月25日、2020年いっぱいでFlashおよびFlash Playerの開発、アップデートおよび配信を終了すると発表しました。

プラグインの役割は終了

Adobeは同社のブログにおいて、HTML5、WebGL、WebAssemblyなどの成熟により、動画やインタラクティブなコンテンツの表示を、わざわざFlashやShockwaveといったプラグインが担う必要がなくなった、と説明。これら多くのプラグインの機能はWebブラウザが標準として備えるようになったと述べています。
 

こうした進化、そしてApple、Facebook、Google、Microsoft、Mozillaを含むわれわれのテクノロジーパートナーとの協力により、AdobeはFlashの終了を計画しています。正確にいえば、2020年末にFlash Playerのアップデートと配信を停止しますので、既存のFlashコンテンツは新しいオープンフォーマットへ移行するよう、推奨します。

iPhoneは以前からFlash非対応

AdobeのFlashおよびFlash Playerについては、以前からその脆弱性やセキュリティ上の欠陥が指摘されてきました。AppleはmacOS SierraおよびSafari 10から、Adobe Flashをデフォルトで無効としています。またiPhoneなどのiOSデバイスについては、最初からFlash非対応となっています。
 
 
Source:Adobe
(lunatic)