さんま、神田愛花と交際する日村に同情

写真拡大

フリーアナウンサーの神田愛花(37歳)が、7月25日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。“家事ダメ女子”としてのエピソードを披露したところ、神田と交際中のバナナマン・日村勇紀(45歳)に明石家さんま(62歳)が同情する一幕があった。

番組ではこの日、「友人宅の風呂にキノコが生えていた」という再現VTRの流れから、布団や食器にキノコが生えていたというトークを展開。その中で、神田は「よくペットボトルの中にマリモみたいなのが生まれて、それを育てるというのはありますけど…」と、キノコはないものの“マリモ”はある、とのエピソードを披露した。

しかし、これにはすぐさま「カビですよ!カビ!」とのツッコミ。そんな神田と交際している日村に対し、さんまは「日村、かわいそう…」と同情していた。