去就に注目が集まるFWキリアン・ムバッペ

写真拡大

 レアル・マドリーがモナコの新星、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を獲得することで合意に至ったというスペイン『マルカ』の報道が出たが、『スカイスポーツ』が真っ向から否定している。

『マルカ』によると、かねてからムバッペ獲得を狙っていたレアルは、移籍金最大1億8000万ユーロ(約235億円)を提示。詳細は1億6000万ユーロ(約209億円)に、活躍に応じて2000万ユーロ(約26億円)を支払う条件になっているという。

 この移籍が成立すれば、昨夏の市場でユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの移籍金1億500万ユーロの歴代最高額の移籍金を大幅に更新することになる。

 しかし、この報道を受けて『スカイスポーツ』はモナコ側がこのオファーを拒否していると報道。18歳の逸材を巡る動きが活発化している。


●欧州移籍情報2017-18