国際通貨基金(IMF)は24日にマレーシアの首都クアラルンプールで「世界経済見通し」の修正内容を発表し、中国の今年と来年の成長率予測を上方修正し、今年は0.1ポイント引き上げて6.7%、来年は0.2ポイント引き上げて6.4%とした。

写真拡大

国際通貨基金(IMF)は24日にマレーシアの首都クアラルンプールで「世界経済見通し」の修正内容を発表し、中国の今年と来年の成長率予測を上方修正し、今年は0.1ポイント引き上げて6.7%、来年は0.2ポイント引き上げて6.4%とした。新華社が伝えた。

IMFが中国の17年成長率予測を上方修正するのはこれが3回目になる。IMFは、「このたび中国経済成長率予測を引き上げるのは、主に今年第1四半期(1〜3月)の中国経済の力強い動きを考慮してのことであり、今後も引き続き財政的支援を得られる見込み」としている。

またIMFによると、「グローバル経済が持続的に回復に向かい、今年の成長率は3.5%、来年は3.6%と予想され、4月に出した予測と一致する」という。

「見通し」は、「新興エコノミーと発展途上国の今年の経済成長率は4.6%で、4月の予測を0.1ポイント上回り、来年は4.8%になる」との見方を示す。

IMFは通常、春季会合と秋の年次総会に上半期と下半期の「見通し」を発表し、年度途中と次年度の初めにそれぞれについて修正した内容を発表している。(提供/人民網日本語版・編集KS)