昨年4強の尾里紗は1回戦でジュ・リンに敗退 [江西オープン]

写真拡大

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/7月24〜30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第8シードの尾粼里紗(江崎グリコ)はジュ・リン(中国)に0-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間21分。

 昨年の大会に出場した尾粼は、3試合を勝ち抜いてWTAツアーで初の4強入りを果たし、準決勝でバニア・キング(アメリカ)に2-6 2-6で敗れていた。

 この結果でジュは、尾粼との対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。前回の対戦は2013年2月のミルデューラ(ITF2.5万ドル/グラスコート)の準々決勝で、尾粼が1-6 7-5 6-4で勝っていた。

 ジュは2回戦で、予選勝者のシュン・ファンイン(中国)と対戦する。シュンは1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のジェン・ウーシュアン(中国)を3-6 7-5 6-2で下しての勝ち上がり。

 尾粼は穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)とのペアでダブルスにも出場しており、ニチャ・ラピタクシンチャイ/ピアンタン・プリプーチ(ともにタイ)と初戦で対戦する予定となっている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「江西オープン」(中国・南昌)の1回戦でジュ・リンに敗れた第8シードの尾粼里紗(全仏オープンでのもの)