キャットアイで媚びないサングラス

写真拡大

"かわいい"だけは嫌。

ときどき、夏の日差しに負けないくらい強くて、クールな女性になりたい日もあります。

そんなときに選ぶのは、キャットアイフレームのサングラス。

まるでセクシーな女教師を彷彿とさせるフォルムは、大胆で個性的。何者にも媚びない、芯の通った強さを感じます。

色やレンズで雰囲気変わる。個性あふれるキャットアイサングラス

プレッピーなコーディネートと赤いフレームのサングラスで登場したのは、モデルのジジ・ハディッド。

彼女の内側からあふれ出る自信と、情熱を感じさせる赤、そして尖ったデザインのサングラスがみごとにマッチしています。

歌手のケイティ・ペリーが選んだのは、フレームがクリアなキャットアイサングラス。

最近、髪をバッサリ切ってショートになった彼女。クールなファッションに網タイツを合わせることで、惚れ惚れするほどの色っぽさをかもし出しています。

ミラーレンズタイプのキャットアイサングラスを選んだコートニー・カーダシアンは、全身白でまとめたリラックススタイル。光沢のあるサングラスが、コーディネートをぐっと引き締めています。

同じキャットアイサングラスでも、レンズが違うだけで、また一段と大人っぽい雰囲気に。

顔からはみ出るほど大きなキャットアイサングラスを選んだ彼女。キュートな白のホルターネックのトップスと合わせています。

一見主張が強すぎるかな? と思ってしまうデザインのサングラスですが、コーディネート次第では、ほどよくやわらかい印象にできるのです。

こちらの彼女もクリアフレームをチョイス。クリアフレームは子どもっぽくなってしまうこともあるけれど、辛口なキャットアイデザインのおかげで、その透け感がむしろセクシーに。

個性的なフレームは、シンプルなファッションと合わせるのが無難。でも、あえてファッションをシンプルに抑えすぎないのが彼女流です。あざやかなピンクのドレスと大ぶりなピアスで、自分らしさ全開。

まるで映画のワンシーンのようなたたずまいの彼女。

80年代の雰囲気ただようキャットアイのプレーンなサングラスで、まるで往年の大女優のような気分に浸れます。

同じプレーンなキャットアイサングラスでも、コーディネート次第ではまったく違った雰囲気を楽しめるはず。

黒のキャットアイサングラスをいつものカジュアルスタイルに合わせるだけで、遊び心が加わって、一段とスタイリッシュに変身します。

白フレームのキャットアイサングラスとストライプのオフショルトップスで、とことんさわやかに仕上げた彼女のコーディネート。

ガーリーな雰囲気のなかに、個性的なキャットアイがスパイスとなって、大人の余裕を感じさせます。

今年の夏は、媚びないセクシーさと強さを両立させてくれるキャットアイサングラスで、日差しのなかを女優のように堂々と闊歩したくなりました。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

もうずれ落ちない。日本人の鼻にぴったりのサングラス見つけた

・世界7か国の女性に聞いた「年齢と結婚と仕事」 #sponsored

・薄いピンクのサングラス