EntamePlex

写真拡大

俳優の高橋克典が25日、都内で行われた「RIZAP GOLF×高橋克典 スコア100切りチャレンジイベント」に出席した。

ゴルフ全く初心者だという高橋だが、実は25年前にCM出演した際、関係者たちと1度だけラウンドしたことがあるそうで、そのときのスコアが183だったのだとか。「それ以来、最悪のトラウマになりまして…」と語るように、ゴルフとはすっかり疎遠に。



そんな高橋が一念発起したのは「ゴルフは年を取ってもずっとできるスポーツ。50歳を超えて大人のたしなみとしてできたらいいなと。妻と共通の趣味がなかったので一緒に始めてみようかという話をしたこともあったので、この機会にぜひチャレンジしてみようと思った」と理由を明かした。

イベントでは、現在の高橋のゴルフのレベル計測のためにラウンドしたときの「BEFORE」映像が公開されると、「いやぁ…急に変な汗をかいてきました(笑)」と恥ずかしそうな表情を浮かべる高橋の額からは滝のような汗が。自身のプレイ映像を観た高橋は「最悪です」と苦笑い。



ちなみにそのときのスコアは170。レッスン開始後の2ヶ月後となる9月上旬にスコア100を切ることを目指す。

現在、週2〜3回のペースで「RIZAP GOLF」のレッスンに通い、それ以外の日はパターを持ち歩き、地方での仕事での宿泊先や撮影の合間などにスイングのチェックなど課題をこなしている日々なのだとか。

撮影現場では、パターを手にする高橋に「ゴルフ始めたの?」と声をかけられるなどゴルフ好きが多いことに気付かされたそうで、「ゴルフ好きの人って“こうするといいよ”とか、大体の人が教えたがりなんです(笑)。“どこのコースがいいよ”“ここのコースに行くならこのメシ屋が美味い。この温泉が近い”とか」と言いつつも「コミュニケーションツールとしてもすごくいいですね」と、ゴルフを始めてまんざらでもない様子。

また、この日は実際に高橋に指導している小泉トレーナーも同席。「まずは高橋さんに寄り添うことから始めました。その上で高橋さんに合うスコア100を切るためのプログラム作りをしていきました」と話す通り、現在は“結果にコミット=100切り”を目指し、二人三脚で頑張っているそう。



レッスン日以外にも自身がスイングする動画を送り、トレーナーにチェックしてもらうなどやり取りしているそうで「宿題やノルマができなかったりすると、“そうですか…”ってものすごく悲しい顔をするんですよね(笑)。その顔を見ると“やらなくちゃ!”と思うし、ヤル気を起こさせてくれます」と話すように、すっかりゴルフにハマっているという高橋は「オヤジくさいなと思っていましたが、ついにやってしまいました……」と、新幹線のホームで待ち時間に素振りのポーズをしてしまったことを嬉しそうに告白。



なお、スコア100切りチャレンジの結果は、9月上旬に発表予定とのことだが、それに先立ち8月23日に開催されるKBCオーガスタ プロアマに高橋が出場することがサプライズで発表された。高橋は「恐ろしい展開……本当に出るんですか!?」と驚きの表情を浮かべつつ「頑張ります。やるからにはベストを尽くします!」と大会への意気込みを語った。



タイムリミットとなるレッスン期間2ヶ月はすぐ目の前だけに「プレッシャーをビシビシと感じています。もしスコア100切らなかったらどうしよう…しばらくどこかに隠れていようかな(笑)」と笑いを誘いつつも、ここはさすが2枚目俳優、最後は「無謀なチャレンジですが、やるしかない。100を切ることを宣言します!」と力強く宣言し、スイングを披露して締めくくった。