ユナイテッドに新加入したFWロメル・ルカク

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドに加入したベルギー代表FWロメル・ルカクが新シーズンへの意気込みを口にしている。『ESPN』が伝えた。

 アメリカツアーに帯同し、16日に行われたLAギャラクシーとの練習試合でデビュー。17日のプレシーズンマッチレアル・ソルトレイク戦、20日のインターナショナル・チャンピオンズ杯マンチェスター・シティ戦にも出場し、2試合連続でゴールを記録。新戦力として、早くも実力を発揮している。

「ユナイテッドみたいなクラブまで上り詰めることは、僕がずっと望んできたことだった。あとはこのチャンスを活かすだけだ」

 昨季はエバートンでプレミアの得点ランキング2位となる25得点を記録。「僕は点取り屋だ。キャリアの中で、ずっとゴールをとってきた。それはヨーロッパでも同じだ。ヨーロッパリーグでプレーしたときの記録はとても良いものだった」と大きな自信も得た。

 それでも、報道陣からレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドやバイエルンのFWロベルト・レワンドフスキのレベルにあるかと聞かれると、「いやいや……まだまだあのレベルには程遠いよ」と謙遜。「だけど僕が目標にしているのはあのレベルだ。とはいえ、何よりも優先するべきはチームのこと。僕はチームが優勝する力になりたい。そのためにできることは何でもするつもりだ。いつだってレベルアップする余地は残されている。僕はただ、できるかぎり最高の選手になるよう努めるだけさ」と意欲的に話した。


●プレミアリーグ2017-18特集