ネイマールはPSGにいらん!フランス通編集部員がズバリ斬る

写真拡大 (全4枚)

バルセロナのブラジル代表FWネイマールに急浮上したPSG移籍説。

2.22億ユーロ(286.4億円)に設定されているリリース条項が行使されるかもしれないという。まさに仰天だが、果たして戦力的には意味はあるのか?

長年リーグアンを見てきたフランス通の編集部Kに聞いてみた。

ネイマールはPSGに必要?

編集部K

「ズバリ不要。むしろチームに混乱をきたしかねない。

PSGの補強ポイントは、アンカーとセンターフォワードだからね。特にトップは新星FWジャン=ケヴィン・オーギュスタンをRBライプツィヒに売ってしまったので、カバーニしか頼れる人材がいない。

一方で、ウィングは完全に飽和状態。ドラクスラー、ディ・マリア、ルーカス・モウラ、そしてパストーレらがひしめいている。その他では1月に獲得したばかりの超新星ゴンサロ・グエデスはインサイドハーフでも起用されていて、ベナルファやヘセはほぼ構想外といった扱い。

つまり、チームで一番人材が揃っている、しかも一番金をかけてきたポジションにネイマールがやってくることになる。

なので、カバーニ、ドラクスラー、ディ・マリアらのなかで起用できない選手が出てくることになってしまう。戦力の補強だけ考えれば、完全に的外れだよね」

もしネイマールがPSGに移籍したらどうなる?無理やり妄想してみて!

「ウナイ・エメリ監督は2トップを試したことはないので、4-3-3の3トップの組み合わせを考えてみよう。まず最も妥当なもの。左ネイマール、右ルーカス、トップにカバーニという形だ。

ネイマールとルーカスは同じブラジル人で気心が知れた仲。タイプ的にも中に入って来たりなど自由に動くネイマールと、縦を基本にするルーカスは合う。そして、攻守に奮闘できるカバーニをトップに据えるのが一番ありえるだろうか。

次は個人的な提案。左にカバーニ、右ルーカス、中央にネイマールという形だ。

守備を疎かにすることはしないエメリ監督は、両ワイドにネイマールとルーカスを配置することは好まないはず。それを考慮すると、守備もしっかりこなしてくれるカバーニをサイドに置いて、ネイマールにより自由な役割を託すというのもアリ。当然ながらカバーニは不満だろうけどね…」

そうなると昨季左でブレイクしたドラクスラーが起用できない…。ネイマールとの共存は?

「どちらも左を得意とするだけに難しいね。どちらかを右に回すというよりは中央に持ってきちゃうのがいいかもしれない。

いっそ完全なる妄想フォーメーションとして、ドラクスラー、ネイマール、ディ・マリア、パストーレのテクニシャン4人を同時起用しちゃうのは?」

「これだと今度はカバーニを起用できないし、守備陣のことは度外視だけどね…。

いずれにしろ、PSGにとってネイマールは戦力的に必要な人材ではない。さらに、もし彼を獲得した場合にはかなりの人員整理が必要にもなる。分割で支払うならば、そのリスクは数年間に渡る。

そして、ネイマール自身にとってもこの移籍は年俸以外でうまみはないはず。PSGは国内リーグが楽な分『緩み』が出がちで、巨大な戦力を持っていてもチャンピオンズリーグを勝てる可能性は低い。その一貫性のなさがバルサ戦での浮き沈みに象徴されているよ。

選手としてのキャリアを高めるために行く場所としては不適当だ。上手くいっているチームを出る理由はないはずだよ」