@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

アストン マーティンの限定モデル、「ヴァンキッシュ・ザガート」の2台のオープンモデルが、悪天候のなかテストを行っている。カスタマーへの納車は、来年の予定だ。


伊ザガートとアストンのコラボレーションで製造されるのは、ヴァンキッシュ・ザガート・クーペのドロップトップ仕様、2車種である。

なぜ雨のなか、屋根なしモデル?

合計127台の限定生産で、内訳は、
・ヴォランテ(折畳み式ソフトトップ仕様):99台
・スピードスター(屋根なし仕様):28台
という構成だ。


プレプロダクション仕様のテストは、雨のなか実施されている。これは防水性能の評価と考えられる。屋根なしのスピードスターの場合には、キャビンの防水機能をテストするわけだ。

価格は1億円超え?

搭載するエンジンは、ヴァンキッシュ・ザガート・クーペと同じ、自然吸気5.9ℓV12エンジンだ。

最高出力:600ps(対ヴァンキッシュ比27ps向上)
0-97km/h加速:3.7秒(ヴォランテ仕様)
最高速度:317km/h

価格予想

ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテの価格は、£500,000(7258万円)以上。スピードスターの価格は、£1.3 million(1億8871万円)と考えられる。スピードスターは、28台のうち7台が英国向け車両となる予定だ。