愛犬がうんちを食べてしまった!そもそも食糞って?

食糞とは読んで字のごとく『うんちを食べること』です。
自分で排泄したもの、他の犬が排泄したものをお家の中やお散歩中にわんちゃんが食べてしまったことはありませんか?

「汚い!不潔!やめなさい!」と叱った経験がある方は多いのではないでしょうか…私もその一人です。
次に何故わんちゃんはうんちを食べてしまうのか、私が調べた知識や経験をお話ししていこうと思います。

なぜ犬は食糞をするの?

「うんちなんて汚いもの、なんで食べちゃうんだろう?」
最初の疑問はこれでした。

どこか体の具合が悪いのか、もしかしたら何か病気かもしれない、と色々な考えが頭の中を駆け巡りました。インターネットや本などで食糞に関する情報を調べ、以下のような原因が考えられることがわかりました。

ご飯に飽きてしまったご飯の種類が変わったご飯が足りない or 多すぎる消化酵素の不足ストレス発散

これら以外にも様々な原因があるようですが、是非知っておいてもらいたい食糞の原因を5つご紹介します。
では、それぞれの解決策と私が実践した結果をまとめていきます。

犬の食糞をやめさせるには?原因ごとの対処法

正直、うんちを食べているというは気持ちのいい状況ではありませんよね。
食糞をやめさせたいと思うのならば、原因や理由を理解してあげる必要があるのではないでしょうか。上で挙げた原因の理由と解決策を書かせていただいていますので、よろしければ参考にしてみてください。

ご飯に飽きてしまった

わんちゃんは人間ほど味覚が発達しているわけではありませんが、それでも毎日毎日同じ食事をしていると飽きてしまう場合があります。そんな時に刺激を求めて食糞するのだと考えられています。

対処法

ご飯の種類を変えてみましょう!いつもよりちょっとお高いご飯をあげてみるといいかもしれません。

ご飯の種類が変わった

急にご飯の種類を変えたり、手作りフードを与えたりすると食事内容の変化に消化器官が追い付かず、未消化(十分に消化しきれていない状態)のまま排泄してしまうことがあります。わんちゃんはそのうんちのにおいから「まだ食べられる」と思い、口に入れてしまうのだそうです。

対処法

以前のご飯に戻してあげてください!食べ慣れたご飯を再び食べることで、消化器官も落ち着いて十分に栄養を吸収できるようになるでしょう。(どうしてもご飯の種類を変えたい場合は一気に全部変えるのではなく、元のご飯に三割ぐらい混ぜて少しずつ入れ替えていくようにしてあげてください。)

ご飯が足りない

人間でも食事量が足りず小腹が空くと、何か食べたくなりますよね?
わんちゃんも同じです。普段のご飯が少ないと空腹を紛らわすために食糞する可能性があります。

対処法

ご飯の量を増やしてあげてください!わんちゃんの栄養状態や体重などを考慮してあげる必要があります。獣医さんに相談してご飯の量を決めるのが良いと思います。

ご飯が多すぎる

わんちゃんは人間と違い、ご飯があればあるだけ食べてしまいます。
ご飯の量が多すぎる=栄養過多となり、消化しきれず未消化の部分の多いうんちを排泄することになります。そうすると『おいしそうなにおいのするうんち』を食べてしまうことにつながるのです。

対処法

ご飯の量を減らしてあげてください!これもわんちゃんの健康状態を考慮して、獣医さんに相談してみるのが良いと思います。

消化酵素の不足

自分のうんちではなく、他のわんちゃんのうんちを食べる場合にこの原因が考えられます。自分の体内には足りない消化酵素やその他の栄養を、他のわんちゃんのうんちから摂取して補おうと食糞してしまうのだとか…。
食糞以外にも歩き方がおかしい(フラフラしている)、運動を嫌がる、落ち着きがない、原因不明の発作を起こすなどの異常がみられる場合はすぐに病院に連れて行ってあげてください!なにか先天性(生まれつき)の病気が原因かもしれません。

ストレス発散

お散歩が足りず運動不足、もっと構って欲しいのに遊んでもらえない、こんな状況にわんちゃんはストレスを感じています。そんなストレスを誤魔化すためにうんちを食べたり、以前に食糞をした際にご主人の注意が自分に向いたことを覚えていて構ってもらうために食糞を繰り返す、そんなわんちゃんもいるのです。

うんちを食べたことは無視して、遊んだり運動する時間を増やしてあげてください!食糞するたびに反応していたのでは、わんちゃんにとっては『自分に関心が向いた』というご褒美になってしまいます。それよりもたくさん運動して遊んだほうが、心身ともに健康でいられるというものです。(どうしても食糞が嫌な場合は、わんちゃんがうんちをしたら素早く処分してあげると良いでしょう。)

うちのわんちゃんの場合

最初は大騒ぎした問題行動でしたが、ふたを開けてみれば何も異常な行動ではなかったことが判明しました。

子犬の場合、自分のうんちを食べてしまうのはどちらかといえば自然な行動なのだそうです。
そういわれてみれば、人間の赤ちゃんだって手の届くものをなんでも口にいれようとするじゃありませんか。生まれて間もない何も知らない世界のなか、好奇心から奇妙なにおいのする物体を思わず口に入れてしまった…ただそれだけの理由だったのです。

子犬の食糞は自然となおります!私はどうしても嫌だったので、うんちをしたらすぐに紙をかぶせて見えなくするという対策をとっていました。

まとめ

問題行動には必ず理由がある

今回取り上げた食糞以外にも、様々な問題行動に悩まされている方がたくさんいらっしゃると思います。

「どんなに注意してもなおらない!」「何度教えても覚えてくれない!」

どうしてもイライラしてしまうこともあるでしょう。
でも、そのイライラはわんちゃんにも伝わっています。
あなたが困っているわんちゃんの行動は、わんちゃんにとってはもしかしたらごく自然なことなのかもしれません。はたまた、あなたに構って欲しいというサインなのかもしれません。
あまりに長期間問題行動が続く、明らかな異常が見られる場合はすぐに獣医さんの診察を受けることをおすすめします。

まずは落ち着いて、わんちゃんの様子を見てあげてください。
そして知ろうという努力をしてみてください。今までわからなかったわんちゃんの心の中が見えてくるはずです。そうするとわんちゃんもきっと、あなたの気持ちを汲み取ってくれることでしょう。

あなたにとっても、わんちゃんにとってもストレスの少ない快適な生活を送るためには、お互いに歩み寄ることが大切なのではないでしょうか。