AbemaTV『GENERATIONS高校TV』で長野県篠ノ井高等学校を訪問したGENERATIONS

写真拡大

 ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEが24日、AbemaTVのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』(AbemaSPECIALチャンネル/毎週日曜 後9:00)の収録に参加。長野県篠ノ井高等学校を訪問し、学生たちとアウトドアで楽しみながら“夏休み”を満喫した。

【番組カット】長野県の名物・おやき作りなどに挑戦したGENERATIONS

 同番組は、GENERATIONSが、日本中の高校を訪問し学生たちを応援する青春バラエティー。今回は、22・23日に開催されたライブツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2017 “MAD CYCLONE”』の長野公演の翌日に収録。オープニングトークを長野駅前で撮影してたところ、偶然居合わせた前日のライブの来場者たちは大興奮し、SNSで歓喜の声を上げていた。

 メンバーたちはその後、長野県の名物・おやき作りや、人生初のヒッチハイクを体験。また、篠ノ井高校の生徒たちと一緒にキャンプ場でカレー作り、BBQ、鬼ごっこなど思いっきりエンジョイ。リーダーの白濱亜嵐は「生徒たちと一緒にカレーを作ったことが楽しかったし、この番組だからできたことだなと思います」と感想を語り、MCを務める小森隼は「GENERATIONSの魅力が、よりいろいろな方に伝えられたら良いなと思っています」とコメントした。

 この模様は同番組の“セカンドシーズン”として、8月6日から放送される。

◆収録後の全メンバーコメント
数原龍友
「今回の1番の見どころは、生徒のみなさんと一緒にカレーを作って食べたこと。すごく楽しくて、最後に完食されたお皿がずらっと並んでいるのを見て、みんなで頑張ってよかったなと思いました。みなさんにとって楽しい思い出として、また、人生の中で何かひとつ元気になれる出来事になっていればうれしいなと思いました」

片寄涼太
「朝からおやきを作ったり、みんなで買い物に行って、ヒッチハイクして、カレー作って…どれも“青春”らしくて、どの歳になっても“青春“を忘れたくないなと思いました。日本のまだ知らない場所に行って、いろいろな空気を感じていくことは大切だなと思うので、今日もいい時間を過ごせました。またみなさんの高校に遊びに行きます!」

小森隼
「“セカンドシーズン”では、GENERATIONSの魅力が、よりいろいろな方に伝えられたら良いなと思っています。まだまだ未熟なところもありますが、みなさんぜひ楽しみにしていてください」

佐野玲於
「“GENE高”(GENERATIONS高校TV)はすごく温かくて、人と人との触れ合いで成り立っている番組。今日も、ひとつのことをみんなで成し遂げることの大事さが詰まっている内容になりました。みなさん、ぜひ引き続き“GENE高”をチェックしてください」

白濱亜嵐
「生徒たちと一緒にカレーを作ったことが楽しかったし、この番組だからできたことだなと思います。ライブが終わった後で疲れていたけれど、生徒のみなさんに元気をもらいました。“GENE高”があるからGENERATIONSがあると言えるくらいの番組にできるように頑張ります。これからもよろしくお願いします」

関口メンディー
「今日は、ヒッチハイクしたり、みんなで一緒にカレーを作ったり、学校を飛び出して、“夏休み”のような感じで楽しかったです。“セカンドシーズン”は、またいろいろな高校に行って、生徒のみなさんと思い出を作ったり、みなさんの願いを少しでも叶えられるように一生懸命、頑張りたいと思います」

中務裕太
「今日は、人生初のヒッチハイクをして、すてきな出会いがあったなと思いました。知らない人が親切に、家と真逆の方向なのに連れて行ってくれて、人の温かさに改めて触れた1日でした。“セカンドシーズン”は、もっと高校生を盛り上げられるように、また“ダンスカップ”もやりたいので、僕もダンスを頑張ります!」