気になる人ができると、とりあえずLINE交換。LINEで相手と親睦を図ろうと、頑張っている女性も多いのでは?

でも、恋って頑張ろうとするほど、空回りしてしまいがちです。

LINEの送り方ひとつでも、必死さが伝わって相手をドン引きさせてしまっているかもしれません。



出典:Nosh

あなたもこんなLINE、送っていませんか? 男性をドン引きさせている、女子の必死しすぎるLINEをご紹介します。

 

■自分できますアピール

「“夕飯はから揚げだった。俺、から揚げ好きなんだよね〜”って送ったら、“私、から揚げ作れるよ。今度作ってあげようか!?”ってLINEが飛んできて。好意を持たれているのは感じていたけど、自分アピールが過ぎる女の子は苦手ですね……。」(27歳/男性/販売)

彼の好意をなんとか、自分に惹きつけたい。そう思うあまり、アピールが過ぎていませんか?

片思い段階は、ヘタにあれこれとアピールするよりも、相手の心に寄り添うように接してあげたほうが、彼はあなたの存在に特別感を感じるはず。

たとえば共通の趣味を見つけたら「あれ、いいですよね〜」と、話を合わせるレベルに留めるとか。始めのうちは、お互いの共通点が見つかるだけでも、十分相手の興味を惹きつけられると思います。

自分アピールはムリのない範囲内で。小出しで少しずつのほうが、彼は気になりやすくなるでしょう。

 

■連続で話しかけすぎる

「連続でLINEを送るのって、基本的に相手をドン引きさせると思う。送るLINEはなるべく選別させて、彼がつい返事を返したくなるメッセを送った方がいいかも」(27歳/女性/サービス)

彼から返事がない。気になって、LINEを連続で送ってしまう。心当たりのある女性も多いのでは? 好意が薄い彼とLINEする際は、なるべく彼が興味を持ちやすいメッセージを送れるよう、工夫することが大切です。それこそ、彼の好きな漫画が発売されたとか。週末行く予定のコンサートの感想を聞いてみるとか。

自分の話よりも、彼の気持ちに寄り添ったメッセができるといいですね。でないと、たとえば「今日○○を食べたよ」「今日○○映画見に行ってきた!」と送ったところで、彼は「そうですか」と返事をするしかないと思います。彼が思わず返事をしたくなるメッセを送りましょう。

 

■あなたのこと大好きなんです!

「好意が見えすぎるのは、引かれると思う。“私も○○好き〜!”って合わせすぎるとか。“ほんとかよ?”って思うし、いくら好きだからって、媚びるように男が好むマンガや音楽にハマるのも、俺なんかはストーカーされているみたいで怖い」(28歳/男性/サービス)

好きな人ができると、彼の趣味に影響されて、相手色に染まることってありませんか? それこそ相手が好むファッション、髪型まですべて合わせるなんてことも。

もちろん、そうした方法が100%悪いわけではないと思います。

相手と接点を持つために、気になることに興味を持つことは大切ですし、彼の興味を引くきっかけになることもあるでしょう。でも、合わせすぎは要注意。

それとなく「○○がこの前話していた映画見てみたよ」と伝えるだけに留めるとか。自分が「いいな〜」と思うものを彼に紹介することも、あなたの魅力になることを忘れないで。

 

彼にアピールするだけが、恋のアプローチではありません。自分本来の魅力も大事にしましょう。恋をするあまり、自分らしさを見失わないようにしたいですね。

【関連記事】

※ お持ち帰り成功?アラサー男の「合コン後のLINE」を覗き見!

※ え〜んもうダメ!? 男子がノリ気じゃない時に送るLINE

※ マジで鬱陶しいわ〜!男にウンザリされてしまう「彼女気取り」なLINE

※ さすがにウザすぎ…確実に「モテを遠ざける」LINEのご法度

※ やべっ…見られた!「二股ゲス男」がやらかした修羅場LINE

※ ソワソワ…気になる彼から「LINEの返事が来ない」ワケ