ベネッセ 進研ゼミ内の「電子図書館まなびライブラリー 音楽室」

写真拡大 (全2枚)

 ベネッセホールディングスの子会社であるベネッセコーポレーションとユニバーサル ミュージックは、ベネッセ「進研ゼミ」の会員向けサービス「電子図書館まなびライブラリー(以下、まなびライブラリー)」に小学生向けの「音楽室」を開設。ユニバーサル ミュージックの楽曲やミュージックビデオの配信をスタートした。

 「まなびライブラリー」は、進研ゼミが2017年7月25日に小中高校講座の会員向けに開設したサービス。進研ゼミ会員は、無料で約1,000冊の本と約20本の動画が読み放題、見放題で利用できる。岩崎書店、講談社、学研PLUSなど8社の出版社と3社の映像会社と連携しており、学齢や発達にあった読書、映像体験を提供する。

 開設から2年を迎えた2017年は、まなびライブラリー内にある「音楽室」に、ユニバーサル ミュージックから販売されている楽曲やミュージックビデオを追加する新サービスを開始する。情緒や感性を育むとともに、英語に親しんだり、学習意欲を高めたりする機会を提供するねらい。「音楽室」は2016年12月と2017年4月にテスト企画として開設したところ、好評だったことから本格実施に結びついた。

 提供作品は2017年7月25日から2018年1月24日まで、約15作品を月替りで配信する。小中学生絵に人気のJ-POPや英語の楽曲、学校の授業でも扱うクラシック音楽や映画音楽など、幅広い作品を揃える予定。8月号の配信予定曲は、桐谷健太の「海の声」、AIの「ミラクル」、映画「ラ・ラ・ランド」から「Another Day of Sun」など。

 ベネッセは、「さまざまな音楽にふれていただくことで感性や表現力を養うこと、英語に親しむこと、また学習前の動機づけとして」利用してもらえればとしている。 《リセマム 佐藤亜希》