画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(毎週月〜土曜8:00〜)の第99回が、あす26日に放送される。

連続テレビ小説第96作目となる同ドラマは、東京オリンピックが開催された1964年からスタートする物語。奥茨城の小さな農家に生まれ育った谷田部みね子が、高校卒業後に集団就職で上京した東京・墨田区の人々たちに育まれながらも、成長していく姿を描く。

24日より第17週「運命のひと」を放送中。あす26日放送の第99回では、高子(佐藤仁美)が結婚して奥茨城へ行ってから数カ月、みね子(有村架純)の仕事ぶりも板についてきた。そんなある日、人気女優の世津子(菅野美穂)が来店する。

世津子に「おいしかった」と料理も店も褒められ、省吾(佐々木蔵之介)をはじめみんなが誇らしい気持ちに。一方、あかね荘には向島電機の元舎監・愛子(和久井映見)が引っ越してくる。一番の目的は片思い中の省吾だが、持ち前の明るさで住人たちともすぐに打ち解ける。