25日、カナダの男性歌手ジャスティン・ビーバーの北京公演に中国当局が「ノー」を突きつけたことに関し、新華網は「海外のネットユーザーからも支持の声が上がった」と伝えた。写真は北京。

写真拡大

2017年7月25日、カナダの男性歌手ジャスティン・ビーバーの北京公演に中国当局が「ノー」を突きつけたことに関し、新華網は「海外のネットユーザーからも支持の声が上がった」と伝えた。

これまでの報道によると、北京市文化局はジャスティン・ビーバーのコンサート開催申請を受理しなかったと報じられた問題について、「過去に好ましくない行動を取り、大衆を騒がせたため」とその理由を説明。このニュースは海外でも報じられ、ネットユーザーからは「また一つ、中国が西側をリードした」「米国より中国の方が賢いということが証明された」「こういうボイコットを中国から“輸入”できないものだろうか?」といった声が上がったという。

記事はまた、ビーバーが過去に靖国神社参拝をめぐって謝罪したことについて、海外から「救いようがない」「ビーバーは靖国の背後にある複雑な事情について知らなかったと言っているが、彼は自分の愚かさも含め何も知らないみたいだ」などと痛烈なコメントが寄せられたことや、中国を侮辱する内容の動画をSNSに掲載したとして先日物議を醸した英プレミアリーグ・チェルシーFCのロベルト・ケネディに海外からも反発の声が上がったことを指摘した。

記事は「中国は客好きの国だが、無知を言い訳にしたり、中国人の敏感な問題を掲げて注目を引こうとする海外のスターは歓迎しない。とりわけ基本的な礼儀に欠ける行為や中国人の感情を傷付ける行為は許さない」としている。(翻訳・編集/野谷)