画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本盛岡支社は24日、「青森県・函館観光キャンペーン」(2017年7〜9月開催)の特別企画として、「TOHOKU EMOTION(東北エモーション)」を1日限り青い森鉄道線八戸〜青森間で運行すると発表した。通常は八戸線(八戸〜久慈間)で運行する同列車が他の路線を運行するのはこれが初めてだという。

「TOHOKU EMOTION」の特別運行は9月7日に実施され、往路は八戸駅10時51分発・青森駅12時51分着、復路は青森駅16時12分発・八戸駅17時53分着で運行。往路はランチコース付き、復路はデザートブッフェ付きで、八戸〜青森間の乗車券と「TOHOKU EMOTION」の利用をセットにした商品として販売される。

往路のみ、または復路のみの片道利用コースと、八戸〜青森間の往復乗車券とランチコース・デザートブッフェを含む往復利用コースの計3コースが設定され、往路ランチコースについては帆立醤油焼きや大間マグロの握り寿司など、青森を中心に東北の食材を生かしたこの日限定の特別メニューとなる。

3号車オープンダイニング車両を利用する場合の大人1名料金は、片道利用ランチコース付き(往路)が8,900円、片道利用デザートブッフェ付き(復路)が5,500円、往復利用コースは1万3,900円。いずれも申込みは2名以上とされ、1号車コンパートメント個室車両を利用する場合は片道につき1室3,000円の追加代金が必要となる。8月1日14時から、JR東日本のびゅうプラザとびゅう予約センターで申込みを受け付ける。