『ARROW/アロー』

写真拡大

海外ドラマを代表する作品として今なおファンを魅了し続けているリアルタイム・サスペンスシリーズの最新作『24 -TWENTY FOUR- レガシー』と、伝説のタイムリミット・サスペンスの最新作『プリズン・ブレイク シーズン5』。2作のブルーレイ&DVDリリースを記念したトーク付き試写会が7月24日(月)に都内で開催され、声優の小山力也、鈴木達央、東地宏樹が登壇した。

人気シリーズの待望の復活について、『24 -TWENTY FOUR-』シリーズで主人公ジャック・バウアーの声を担当してきた小山は、「(ジャック役の)キーファー(・サザーランド)が出ないことは分かっていましたが、嬉しかったです。長いスパンでやらして頂くと過去のものになってしまいますが、そのタイトルが続いていくというのは、ある意味、感動的ですらあります」との思いを吐露。『プリズン・ブレイク』シリーズの主人公マイケル・スコフィールドの声を担当する東地は、「シーズン4で一旦終わった時に自分は死んでいたので、また新しく始まると言われた時に何じゃコリャというところは実際あったんですよ(笑) だけど、シーズン5の第1話はシーズン1の最初を思い出すような面白さで、なぜ生きていたのかというのがハッキリと分かる仕上がりになっています」と魅力を紹介。マイケルが生きていた理由をめぐり、小山が「クローンじゃないですよね」とボケると、東地も「惜しい(笑)」とノッて返し、鈴木が「なんで大喜利を始めるんですか(笑)」とツッコむという息の合った3人のやり取りに会場は笑いに包まれた。『24 -TWENTY FOUR- レガシー』の主人公エリック・カーターの声を担当した鈴木は、「いざ役が決まった時、力也さんが演じていたジャックの存在もありましたし、その中で自分には何ができるのかなと思いました。いよいよ自分も『24』という歴史の中に少しだけお邪魔させて頂いて、足跡を残せるきっかけができたんだなと。光栄でもあり、不安もあり、その中で高揚感があるという、なんとも言えない複雑な感情でした」と胸の内を明かした。

パワーアップした新作に声をあてた感想について、東地は「久々の収録で緊張感と恥ずかしさがあったんですよね。でも、ディレクターの方からブランクを感じさせないという言葉を頂いて、遠慮なくできました。旧シーズンを見て声優になったという人がキャストにいて、そういう人たちがティーバッグ役の若本(規夫)さんを目の当たりしていたんですけど、それはたまらないことですよ」と大ベテランのレジェンド・エピソードも交えて語った。鈴木は「最初はエリックと同じくあたふたしていることが多かったですね。以前のシーズンに関わった声優の方も出演されていて、その方々と演出の方にも助けて頂いて、力也さんの当時のお話を聞かせて頂いたりとかして、そうした中でエリックと共に歩くことを許して頂けたみたいなところはありました」と収録当時の思いを語った。

吹替収録時のエピソードでは、鈴木は「『24』シリーズは登場人物が多いので、メインに近い方でも別のキャラクターを演じることがあるんです。先々の台本が全てある状態ではないので、後のエピソードになると、兼役のキャラクター同士で自分自身とずっと会話しているという人がいて、大変そうでした(笑)」と吹替あるあるを披露。さらに旧シーズン収録当時の思い出について、小山が「家での練習で、夜中にうまくできなくて何回も『クソ!』とジャックのセリフでも自分の素でも怒鳴って、近所からいっぱい苦情が来てました」と振り返った。東地は「(作品の舞台が)刑務所なので、男の声優さんがたくさんいて、ガヤを録った後のムンとする部室のような匂いが、昨日のことのように思い出されます(笑)」と、『プリズン・ブレイク』らしいエピソードで会場の笑いを誘った。

様々な楽しいエピソードが飛び出すなど、大人気ドラマの待望の復活を祝うイベントに集まったファンも大満足のイベントとなった。

■商品情報
・『24 -TWENTY FOUR- レガシー』
 ブルーレイ&DVDリリース中
 デジタル配信中(※字幕版、吹替版同時配信)

・『プリズン・ブレイク シーズン5』
 8月11日(金・祝)リリース
 先行デジタル(字幕版)配信中(※吹替版は8月11日より配信)

発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

■放送情報
「熱血!24 -TWENTY FOUR-祭」
AXNにて7月29日(土)12:00より全8シーズン(193話)一挙放送スタート

(海外ドラマNAVI)