<ツインタワーに激突した旅客機のハイジャック犯を多数輩出しているUAD、サウジの側が9.11をカタールのせいにするのは盗人猛々しいが>

サウジアラビアなどとともに突然カタールとの国交を断絶し、国境封鎖を続けているアラブ首長国連邦(UAE)で、今度は、カタールが2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを支援していたというドキュメンタリー番組が公開される。

【参考記事】国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

スカイニュース・アラビアが7月27日に公開する「カタール マンハッタンへの道」だ。スカイニュース・アラビアは、アブダビ首長国の首長の異母兄弟で、起業家でもあるマンスール・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン(シェイク・マンスール)がオーナーの1人に名を連ねている。

この番組は、9.11の首謀者とされるアルカイダの幹部、ハリド・シェイク・モハメドが1996年にカタールを訪問したことや、「カタールが長きにわたってハリド・シェイク・モハメドを支援し、保護や経済的支援を与え、彼のテロ活動の目的と計画の達成を後押しした」ことに焦点を当てていると、ガルフ・ニュースは報じている。

【参考記事】カタール危機でアジアが巻き添えに

カタールのほうも非難し返す。同国の駐米大使シェイク・メシャアル・ビン・ハマド・アル・ターニは、「カタール人よりUAEの人間こそ、ニューヨークのツインタワーに飛行機を激突させたハイジャック犯の仲間だった」と述べた。「UAEは、9.11に関するアメリカ議会独立調査委員会の報告書で、テロリストのためにマネーロンダリングを行った唯一の国とされた」

関係修復に奔走するアメリカ

確かに、1996年にカタール政府の高官がハリド・シェイク・モハメドをアメリカ中央情報局(CIA)からかくまったという報道は有名だが、新しい情報というわけではない。

そして9.11の実行犯19人の中に、カタール国籍は1人もいない。その一方で、UAE出身は2人、サウジアラビア出身は15人だ。ウサマ・ビンラディンはサウジアラビアで生まれ育ったし、現在グアンタナモ米軍基地に収監されているハリド・シェイク・モハメドはパキスタン人だ。説得力はあまりない。

【参考記事】カタール孤立化は宗派対立ではなく思想対立

封鎖されたカタールは、自国よりもはるかに大きなサウジアラビア、UAE、エジプトに対抗するため、国際社会に訴え、アメリカのワシントンでロビー活動を行っている。

アメリカの国務長官レックス・ティラーソンは7月にペルシャ湾岸諸国に出向き、各国を行き来して、いずれもアメリカの同盟国であるカタールとサウジアラビアの関係修復を試みている。

だが、テロリストを支援しているかいないかで争っている限り決着はつかないだろう。なぜなら、どちらも支援しているからだ。

(翻訳:ガリレオ)

From Foreign Policy Magazine

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ベタニー・アレン・イブラヒミアン