パク・ソジュン「青年警察」撮影エピソードを語る“再入隊する気分だった”

写真拡大

パク・ソジュンが映画「青年警察」出演の思いを語った。

25日午後、ソウル・紫陽洞(チャヤンドン) ロッテシネマ建大(コンデ) 入口で開かれた映画「青年警察」のマスコミ向け試写会が開催された。マスコミ配給試写会が開かれた記者懇談会にはパク・ソジュン、カン・ハヌルとキム・ジュファン監督が出席した。

映画の中で警察大生のギジュン役を務めたパク・ソジュンは「再入隊する気分だった」とし、笑いを誘った。警察大生キャラクターのため、撮影中にもさまざまな訓練をこなさなければならなかったというパク・ソジュンは「訓練をこなしながら、笑ってはいけないシーンでついつい笑ってしまった」とし、エピソードを伝えた。

情熱的な初々しい演技のために、扮装を最小限に抑えたというパク・ソジュンは「監督にナチュラルに仕上げて欲しいと言われて、こんなに扮装をせずに撮影したのは今回の作品が初めてだった。家からくせ毛を演出するために、帽子を被って出てきた。元々食事管理に徹底するほうだが、今回の作品は食事をあまり気にしなかった」と明かした。

また、「監督から序盤と終盤の差が大きくてほしいと言われて、努力した。序盤を撮ってからは運動を一生懸命にやった」と伝えた。

映画「青年警察」は頼るところは専門書籍と若さだけの二人の警察大学の学生が、目の前で目撃した拉致事件に巻き込まれてから繰り広げられる話を描いた捜査アクション映画だ。韓国で8月9日に公開される。