会うといつも優しくしてくれるのに「好き」とは言ってこない彼。みんなに堂々と“カップル宣言”したいのに、いまのハッキリしない関係にヤキモキ……なんて状態の人もいるでしょう。今回は“その気があるそぶりを見せるのに告白してこない男の心理”を教えましょう。


「しょっちゅうLINEがくるし、食事にも誘ってくれる。映画やテーマパークにも誘われて一緒に行ったことある……。周りからは『なんか付き合ってるみたいだね』って言われてるんだけど、彼からは何も言われてなくて……この状態って付き合ってるのかな」(24歳女性/旅行)

あいまいな彼との関係に疑問を感じている方は、参考にしてみてください。

"会う"="デート"という認識がないから


・「何度会ってようがタダの女友達。それ以上でもそれ以下でもない。それにご飯食べにいったり、一緒に帰るだけで“デート”とかって言わないと思う。デートってもっと特別なもの。好きな子を誘うときはもっと計画性のあるデートをするよ」(28歳男性/アパレル)

二人で何度も会ったとしても、その回数で二人の関係性が変化するとは限りません。いくら向こうから毎回誘ってこようが、恋愛感情があるというわけでもないのです。
ただ単に友達だから、声がかけやすいから、女の子と一緒だとお店に入りやすいから……なんて理由で誘ってきていることもあるでしょう。

ノープランな誘いは友だちの証
また男性が好きな子を“デート”に誘うときはたいてい事前リサーチするもの。ある程度情報収集して行き先を考えます。

もし彼から誘われてもいつも行き当たりばったりのノープランなら、ただ自分が暇なときや飲みたいときに誘ってきているだけなのです。
彼からのLINEが「今度、会える?」でなく「今日空いてる?」なら友達としてみている可能性大でしょう。

まだあなたひとりに決めたくないから



・「そう簡単にひとりの子に縛られたくないのが本当のところ! 遊び足りないというよりも、『この先もっとかわいい子が現れるかも?』という気持ちもあるしね」(32歳男性/IT)

彼が告白してこないのは「他の女もみたい」ということ。また“ここで手を打つよりさらに上を狙いたい”気持ちがあるからかもしれません。
あなたとの関係をハッキリさせたくないのはすぐに他の相手が見つからないと困るから、あえて手放さずキープしておきたいのです。

もしくはあなたのほかに、別の女性を絶賛品定め中ということかもしれません。

いまさら言えないけど実は彼女がいるから


・「ちょうど彼女とけんかしてムシャクシャしてるときに、たまたま残業していた同僚のA子を誘って飲みに行った。思いがけずそれが楽しくて、そのまま今の関係を続けてしまった。でも、もともとの彼女とは別れるつもりはなかったし、でも今更A子に“彼女がいる”なんて打ち明けられない……まいった」(34歳男性/広告)

実は彼女がいることを言えずに“恋愛ごっこ”を楽しんでしまう男性は以外と多いもの。特にその彼女とは長く付き合っていてマンネリ気味になっていればなおさらのこと……。
久しぶりに新鮮な気持ちになることでデートが盛り上がってしまうのでしょう。

すきだからこそ、この関係が終わるのが怖いから



・「今この状態でうまくいってるのに、告白するのはちょっと……。会えなくなるほうが怖い。『何、勘違いしてるの?』『ヤダ、私あなたをそんな風にみたことないよ!』なんてフラれることを想像するとこのままでいい。下手に手を出して嫌われるくらいなら、なにもしないほうがマシ」(25歳男性/公務員)

ふられて傷つくのがイヤ
あなたが彼の本心が見えないように彼もあなたの気持ちが分からなくて動けないでいるのかもしれません。

自分が誘ってついて来てくれたぐらいで「俺のこと好きかも!」と自信を持つ男性ばかりではありません。自分が傷つきたくないからこそ、あえてよくない方に考えて最悪な状態を回避するのです。
女性への気持ちがあっても自制することで自分のプライドを守る方を優先します。

男は恋愛に傷つく自分など見たくないのです。

このままが一番楽だと思っているから


・「前に『付き合おう』って言われて付き合った彼女がめちゃめちゃ重くて……。『私のこと好きだっていったじゃない。うそだったの?』って責められるわ泣きつかれるわで。別れるのにすごい時間かかったし、簡単にはいかなかった。もうコリゴリ」(30歳男性/不動産)

「イヤになったら簡単に離れられる」のが告白しない利点と言えるでしょう。男性は女性に被害者ヅラされたり責められたりするのを懸念して告白しない場合もあるのです。
たとえ体の関係になったとしても「俺は好きだとも彼女だとも言ってないよね」という言い訳もできます。

過去の恋愛トラウマから、告白しないことで自分の身を守る男もいるのです。告白しないことで、別れる時の面倒くささから逃れられるのです。

付き合うには至らないなら“キッカケ”を作ること



何度も会っても「好きだ」とも「付き合おう」とも彼が言ってこないのは、付き合うには至らない“何か”があるはずです。

だからこそ、あなたから彼に聞いてみましょう。
「私たちってどういう関係なのかな?」
「どうしたいのかな?」と……。

自分がキッカケ作らなければこのまま訳の分からない関係が続くだけです。彼を「中途半端な状態」にとどまらせているのは、それを許しているあなた自身でもあるのです。

いつも受け身でいるだけで、全て相手任せにしてしまっているのなら、恋愛になんの成長も進展もありません。まずは彼に自分のほうから投げかけてみましょう。彼もそのキッカケを求めているのかもしれません。

このまま「ハッキリしない関係」としてまた更新するのか、もしくは一新するかはあなた次第なのです。
(神崎桃子)