ミニオン1位ー!
 - (C) UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

 いよいよ夏本番を迎えた土日2日間(22〜23日)の全国映画動員ランキングが24日に興行通信社より発表され、『ペット』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメントによる人気シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』が首位デビューを飾った。

 全国360館376スクリーンで封切られた同作の先週末の成績は、動員47万8,000人、興行収入5億9,900万円。21日の初日をあわせた3日間では60万5,748人、興収7億5,101万円となった。これは52億円を超える最終興収を記録した2015年の『ミニオンズ』(動員60万4,387人、興収7億3,865万円)の興収対比101.7%という数値となっており、配給元の東宝東和は「60億超えを目指せる驚異的な数字」としている。

 公開2週目の『銀魂』は動員23万9,000人、興収3億3,500万円をあげて2位をキープ。23日までの累計動員は128万3,815人、累計興収は17億828万2,200円。15日から配信が始まったdTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」もヒットを記録しており、YouTubeでも配信されている第1話の再生回数は25日17時時点で再生回数310万回を超えている。

 3位は先週と変わらず『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。今回は動員23万2,000人、興収3億5,800万円となり、累計興収は48億円に到達している。先週1位スタートを切った『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は4位にランクダウンとなったものの、先週末の成績は動員21万2,000人、興収2億5,800万円。累計動員103万8,987人、累計興収12億2,914万7,500円となり、動員100万人を突破した。また、2015年公開のオリジナル長編アニメ映画を Sexy Zone の中島健人主演で実写映画化した『心が叫びたがってるんだ。』は動員5万1,977人、興収6,628万円6,880円で9位スタートとなった。

 今週末は『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』『東京喰種 トーキョーグール』『君の膵臓をたべたい』『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年7月22〜23日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『怪盗グルーのミニオン大脱走』:1週目
2(2)『銀魂』:2週目
3(3)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』:4週目
4(1)『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』:2週目
5(4)『カーズ/クロスロード』:2週目
6(5)『メアリと魔女の花』:3週目
7(6)『忍びの国』:4週目
8(初)『魔法少女リリカルなのは Reflection』:1週目
9(初)『心が叫びたがってるんだ。』:1週目
10(7)『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』:2週目