『Ready Player One(原題)』 ©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『Ready Player One(原題)』が2018年に日本公開。あわせて映像が公開された。

【動画と画像を見る】

アーネスト・クラインによる小説『ゲームウォーズ』をもとにした同作。貧富の差が広まった2045年を舞台に、仮想ネットワークシステム「オアシス」の開発者で億万長者のジェームズ・ハリデーが死去したというメッセージが発信されたことから、高校生の主人公・ウェイドを含む世界中の人々が、ハリデーの遺言に従っていち早く「オアシス」の謎を解き、莫大な遺産を得るために奮闘するというあらすじだ。ウェイド役をタイ・シェリダンが演じる。なおスピルバーグ監督がワーナー・ブラザースとタッグを組むのは『A.I.』以来約16年ぶりとなる。

今回公開された映像では、ウェイドが仮想世界「オアシス」を「生きてると実感できる唯一の場所」と説明するセリフや、「オアシス」の内部の様子、銃を乱射する人型のキャラクターや、大量の車がクラッシュする場面などが確認できる。この映像はアメリカ・サンディエゴで開催された『コミコン・インターナショナル』で発表され、海外メディアなどでは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『AKIRA』『アイアン・ジャイアント』『マッドマックス』「SEGA」「ハローキティ」へのオマージュを思わせる要素が指摘されている。