「2017年前半に世界で最も活躍した」と思う日本人トップ10(写真: DNAトラベルの発表資料より)

写真拡大

 2017年もすでに折り返しに突入、今年も多くの日本人が世界で活躍したニュースがメディアで流れた。世界で戦うこと、活躍することが当たり前となった昨今だが、人々が注目する世界で活躍する人物をクローズアップ!オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」が、10代〜60代の男女623名を対象に、2017年前半に世界で活躍した日本人に関する調査を実施している。

【こちらも】大前研一「講義型から対話型へ。世界で活躍する人材を育てる『考える教育』」

 最初の質問は、あなたが「2017年前半に世界で最も活躍した」と思う日本人は誰ですか?

 男性の第1位は元F1レーサーで現在はインディカー・シリーズにて活躍中の佐藤琢磨(19.7%)。5月に日本人として初めてインディ500で優勝した活躍を称える声が多かった。第2位は世界で戦うプロゴルファー・松山英樹(14.2%)。第3位は史上最年少でワールドカップと全日本選手権のシングルスで優勝した卓球の平野美宇(11.8%)。第4位は世界で常勝が当たり前となったプロテニスプレイヤーの錦織圭(11.0%)。第5位はスキージャンプ選手の高梨沙良(8.8%)。

 女性の第1位はプロテニスプレイヤーの錦織圭(24.8%)。第2位は女性人気が高いフィギアスケートの羽生結弦(17.8%)。第3位はプロゴルファーの松山英樹(8.5%)。第4位は卓球の平野美宇(7.8%)。第5位はレーサーの佐藤琢磨(6.2%)となった。

 男女で若干のランキングの上下はあるが、男女それぞれ名前が挙がった名前はほとんど同じだった。全仏オープンでベスト8に入り、ランキングTOP10をキープするなど安定した強さを見せている錦織圭や、佐藤琢磨、松山英樹の活躍をを称賛する人は実に多かった。

 続いて日本人の活躍を期待している分野は?という質問もあった。第1位はスポーツの分野(62.6%)、第2位は学術・研究(44.0%)、3番目に経済・ビジネス(30.3%)となった。スポーツで活躍する日本人に注目している人は多いようだ。

 2017年後半に、世界での活躍が期待される人は誰?という質問も。こちらのベスト5は松山英樹(13.8%)、錦織圭(13.6%)、羽生結弦(4.5%)、本田真凛(4.1%)、イチロー(3.9%)と、すでに世界で大きく活躍している選手に交じって15歳の本田真凛への期待値の高さがわかる結果となった。

 世界で活躍する日本人を見ることは勇気がわく、単純にうれしいという声も多かった。2017年後半、世界を驚かせる沸かせる活躍をみせるニューカマーがでてくることも期待したい。