野外フェス「SEKIGAHARA IDOL WARS 2017 〜関ケ原唄姫合戦〜」が7月22日に開幕し、1日目の午前のメインステージ(徳川ステージ)には、Cheeky Paradeの5人が推参。誰もが知る歴史的合戦「関ケ原の戦い」の舞台となった地にて、徳川家康を総大将とする東軍の如き圧倒的なライブステージを繰り広げた。

1日目の午前中、メインとなる徳川ステージで2番目のステージを任されたのがチキパ。会場外では各地から押し寄せたアイドルファンが入場ゲートの通過待ちという状態で、彼女たちのステージが始まった段階では決して観客が多かったわけではなかったが、それでもトップバッターとして口火を切ったFES☆TIVEの熱量を引き継ぎ、その炎を何倍にも燃え上がらせるライブを展開していく。

『BUNBUN NINE9’』のイントロとともに「みんなー!チキパだぞ!」とステージに駆け込んできた5人に、ステージ前方に詰めかけていたファンは即座に「チキパMIX」と呼ばれるコールで反応。その声にチキパのステージが始まっていることを知った人たちが、徳川ステージが設置されている球場へと全速力。みるみるうちに観客が膨れ上がってくる。

「朝だけど、ここからチキパがスタートダッシュを飾っていきたいと思います!」と、関根優那が叫んで「SUPER STAR」。ワガママな5人のヒロインが「そのドキドキもトキメキも / 他の子にあげちゃダメだからね」と、ハートを撃ち抜いていく。もし石田三成 側にチキパがいたら、小早川秀秋もきっと徳川家康側に寝返ることもなかったかもしれない。そんな日本史のifにロマンを感じずにはいられないチキパのステージでもある。

古戦場をもパーティー会場へと変える『カラフルスターライト』。そして1日目のメインステージラストは、リーダーの鈴木友梨耶が「関ケ原!お前らもっといけんだろ! 踊るぞー!」と、今のチキパの鋭さを突き刺す『Hands up!』で、感情を叩きつけ、クラップの嵐を巻き起こした。

さらにチキパは午後から豊臣ステージにも登場。『チィキィファイター』で宣戦布告すれば、『無限大少女∀』での客席からのコールに対しても「全然聞こえない!!」と、これを拒否。ファンを焚き付けて猛烈な声援を呼び起こす。そして5人は、夏の太陽に近づくかのような無重力ジャンブを幾度も決めて、ファンのボルテージにも引けを取らないライブで、関ケ原の地を熱く染め上げたのだった。