美容部員がすすめる「毛穴洗顔」って?黒ずみ、ザラつきを撃退する顔の洗い方

写真拡大 (全2枚)

暑さが増すこの時期は、毎日洗顔しているのにも関わらず、毛穴の黒ずみやザラつきに悩むことも多いのでは? もしかしたら、「洗顔の大事なポイント」が抜けてしまっているせいかも!? そこで、資生堂Webビューティーコンサルタントの向井奈緒さんに、毛穴の汚れまでしっかり落とす洗顔方法を教えてもらいました。

毛穴洗顔が必要な理由って?

夏場に毛穴が汚れやすくなる原因は、過剰に分泌する皮脂や汗にあります。汗と皮脂が混ざり合ったものが毛穴に蓄積するのは想像しやすいのではないでしょうか。特に夏の皮脂の粘度は冬と比べると高いため、余計に詰まりやすい傾向にあります。それ以外にも、夏場はエアコンや紫外線の影響で意外にも肌が乾燥しがち。乾燥した状態は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常に機能せず、古くなった角層や老廃物が毛穴に溜まりやすくなります。もちろん落としきれなかったメイクなども毛穴を詰まらせる要因ですし、汚れが溜まったままではニキビなどの肌トラブルにも繋がってしまいます。

だからこそ、毛穴に溜まった汚れもしっかり落とす「洗顔」が大切! 朝はぬるま湯で洗い流すだけという方もいらっしゃいますが、寝ている間でも皮脂や汗は出ているので、特に夏の間は朝晩しっかりと泡立てた洗顔料で洗顔することをおすすめします。

毛穴洗顔に必要な「泡」ってどんな泡?

毛穴まで洗顔を行う際のポイントは「泡」です。汚れを吸着してくれるのは泡なので、いかにキメ細かく濃密な泡を作れるかが大切なポイント! 泡の大切さはご存じの方も多く、泡立てネットなどで毎日きちんとケアしている方も多いですよね。とはいえ、いくら泡立てネットなどを使っても、水の量や洗顔料の量の違いによって、水っぽい泡になったりキメの粗い泡になったりと、毛穴まで洗顔ができる上質な泡を作るのって意外と大変なもの。そこでおすすめなのが、ジェルを顔にのせてなじませるだけで、もこもこ泡に変わっていく「エリクシール ルフレ バランシング バブル」です。

「エリクシール ルフレ バランシング バブル」は、ジェルが毛穴の奥の汚れに密着し、たっぷりの泡で毛穴のひとつひとつまできれいに洗えます。「もこもこ増える泡で毛穴の奥まですっきり洗いあげてメイクも落とす」という発想から開発された洗顔料なので、特に毛穴の汚れが気になる方にはピッタリ! 

軽くなじませるだけで、キメ細かい泡がどんどん増えていく感じは、一度使うとやみつきになるほど。また、ジェルがぎゅっと密着する感触や、もっちりした泡の弾力感は、従来の"泡で出てくるタイプの洗顔料"にはない新感覚です。「毛穴ひとつひとつまでしっかり洗えている」と感じるボリュームある泡なのに泡切れもよく、洗い流したあとは毛穴の奥まですっきり。まさに「毛穴」に最適の洗顔料なんです! 使用量を少し多めに使えば、メイク落としとしても使用可能。軽いメイクやナチュラルメイクの際は、クレンジングから毛穴洗顔までこれひとつでできちゃいますよ。

毛穴の汚れまでしっかり落とすには、「密着感のあるもこもこっとしたキメ細かい泡で洗う」ことが重要。毎日の「洗顔」で、毛穴の黒ずみやザラつきとサヨナラしましょう!

毛穴の奥まですっきり洗える!
泡立て手間いらずの新感覚洗顔♪

エリクシール ルフレ バランシング バブル

>>「エリクシール ルフレ」ブランドページはこちら

【関連記事】
・ まさかシャワーで洗い流してないよね?洗顔のNG行動と正しい方法
・ たっぷりの「泡」が美肌への近道? 泡洗顔が脳に与える影響

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。