抹茶ソースたっぷり!金沢の老舗和菓子屋でいただく、あつふわの出来たてどらやきパンケーキ

写真拡大

創業106年の「和菓子村上」の人気和スイーツは、どら焼きの材料にメレンゲを加えて焼き上げたふわっふわの和パンケーキ。自家製あずきとの相性もぴったり、3月にオープンしたばかりのカフェでいただけるこだわりのスイーツなんですよ。

出来たての瞬間を愉しめる「菓ふぇ MURAKAMI」

金沢市の中心部、香林坊・片町から車で5分。泉本町にある「菓ふぇ MURAKAMI」は、創業明治44年の老舗「和菓子村上」本社店に今年3月にオープンしたばかりの和カフェです。職人がひとつひとつ心をこめて手作りした和菓子のほか、“洋”の要素も取り入れたオリジナルスイーツがいただけます。

広い敷地に建てられたカフェは、26席。大きめのソファーがゆったりと配置されていて、坪庭からは明るい陽射しが射し込みくつろぎの空間に。

「和菓子が一番おいしいのは、出来たて。その瞬間をあじわってほしい」とオープンしたこのお店は、注文をしてから作るスタイル。そのため、出来上りまでの待ち時間にと、「突出しセット」のサービスがあります。一口サイズの京都・宇治抹茶と一口和菓子や甘納豆など、何が出てくるかはその時々のおたのしみ。注文したメニューに合わせて抹茶を緑茶やほうじ茶に変更もしてくれるんですよ。

メレンゲでふわっふわ♪和パンケーキ「あずき茶会」

焼きたてをぜひ味わいたいのが、国産米粉を100%使った和パンケーキに抹茶クリームをたっぷりトッピングした「あずき茶会」。「村上」は和菓子屋でも珍しく独自の製餡所を併設していて、あずき専門の職人さんが数日間、手間暇かけて、商品ごとに合ったあんを仕込んでいます。「あずき茶会」にも、その自慢の鹿の子と、こしあんと生クリームを合わせた特製餡クリームが添えられているんですよ。

米粉を使ってどらやきと同じ工程で材料を混ぜ、最後にメレンゲを加えてふんわりとパンケーキを焼き上げます。中はふわっふわですが、表面は生地の美味しさが引き立つよう、ほどよく香ばしさが残る焼き加減です。

トッピングはあんこのほかに黒蜜や季節のフルーツも。「ちょうどよいふわふわ感を出すのに試行錯誤した」というパンケーキとの相性をいろいろと試すことができますよ。

わらび粉100%の黒い「わらび餅」

「わらび餅」(お茶付き、918円)を作るのも注文を受けてから。ひとつひとつ手早く練ってこしを出し、火にかけ、炊き上げ具合や冷やし具合は季節によっても調整します。本蕨粉を100%使用すると、本来、わらび餅は黒っぽい色なのだそう。風味豊かな黒須黄な粉をかけてどうぞ。

白あんの入った夏季限定「かき氷 いちごミルク」

暑い日には、夏季限定の「かき氷」(お茶付き972円)もおすすめ。「いちごミルク」は、フレッシュ苺と白あんを混ぜた特製シロップにムース状の練乳エスプーマがトッピングされています。お好みでシロップの量を調整していただけるのも嬉しいですね。「宇治抹茶」「ティラミス」のほか、月替わりの味もありますよ。

お好みで選ぶのも楽しい籠詰めのおみやげ

上生菓子などショップで販売している菓子から好きなものを選んでカフェでいただくこともできます(上生菓子と抹茶セット648円)。おみやげ用には、籠やわっぱにお好みで詰め合わせもできますよ。
心地よい空間で、創業以来餡づくりにこだわってきた村上の和菓子。その出来たてのおいしい瞬間をぜひ味わってくださいね。

ことりっぷの最新記事