「不能犯」キャスト

写真拡大

主演・松坂桃李×ヒロイン・沢尻エリカで、集英社「グランドジャンプ」に連載中の大人気マンガを実写映画化する『不能犯』の全キャストが発表された。
不能犯とは、“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。
映画は、現代の日本に出現した“不能犯”のプロフェッショナル・宇相吹正(松坂桃李)の驚異の手口と壮大な目的、そして唯一彼にコントロールされない刑事・多田友子(沢尻エリカ)との対決を描く。

今回新たに出演が発表されたのは、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という豪華な顔ぶれ。

新田真剣佑は、正義感溢れる生真面目な刑事なのに、沢尻エリカ扮する上司になかなか名前で呼んでもらえない新人刑事・百々瀬麻雄役。
間宮祥太朗は、少年院上がりで、沢尻エリカ扮する多田刑事のサポートを受けて更生し、今では多田に紹介された店で料理人として働く川端タケルを演じる。
真野恵里菜は宇相吹にある切ない理由から殺人を依頼する木村優。芦名星は両親が離婚したために、妹の木村優と離れ離れで育った人気ジュエリーデザイナー・夢原理沙という役どころ。
矢田亜希子は、多田の先輩で、過去のある出来事が原因で宇相吹に飲み込まれていく女性刑事・夜目美冬役に挑む。

そのほかあ、ワケありの鑑識官・河津村宏役に安田顕。多田の上司・赤井芳樹にテット・ワダ。多田の同僚刑事・若松亮平に菅谷哲也。河津村の後輩鑑識官・前川夏海に岡崎紗絵。妻のために宇相吹に仕事を依頼する羽根田健に忍成修吾。その妻・桃香に水上京香。夫婦が住む街の町内会会長・鳥森広志に、小林稔侍。
宇相吹のターゲットとなる悪徳金融マンの木島功に水上剣星。川端タケルが務める店の先輩料理人・櫻井俊雄に今野浩喜。夢原理沙に彼女の婚約者の医師との関係を疑われる看護師・西冴子に堀田茜がそれぞれ決定。
豪華俳優陣が、ダークヒーロー・宇相吹正に翻弄され、人生を狂わされる人々をいかに演じるのか、期待が高まる。

映画『不能犯』は2018年公開。

>>元記事で写真をもっと見る