Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ディズニー/ピクサー最新作『カーズ/クロスロード』の大ヒット記念舞台挨拶が7月25日(火)、都内で行われ、日本版で声優を務める土田大(マックィーン役)、女優の松岡茉優(クルーズ役)、タレントの藤森慎吾(ストーム役)が涼しげな浴衣姿で駆けつけた。
映画は車の世界を舞台に、レーサーたちの生き様と友情を描いた人気シリーズの第3弾。次世代マシンの台頭により、引退が頭をよぎるマックィーンは人生の岐路(=クロスロード)に立ち、仲間たちとともに「夢の続きか、それとも新たな道か?」の選択を迫られる。

この日、本作のプロモーションに初参加した土田さんは、マックィーンの車体カラーである赤の浴衣に包み、胸元には“95”のゼッケン番号が。「集中、スピード、僕は速い」という名台詞を生披露し、「第1作で声を担当させていただいたのが、2006年のこと。マックィーンと歩んだこの10年は長いお付き合いですし、本当に感謝感激! やってて良かった」と感無量の面持ち。トークの流れで「実はバイク好き」だと告白してしまうなど、お茶目の一面も見せていた。

そんな土田さんとの対面に、「満を持してお会いできて、とてもうれしい。マックィーン!」(松岡さん)、「こんなすてきな人に(役柄上)たてついていたなんて…」(藤森さん)と感激していた。

先日、松岡さんは母親と一緒に、本作の日本語版を鑑賞したといい、「私の名前がエンドロールで流れたときに、母が泣いていました」。また、藤森さんのもとには、レスリングの吉田沙保里さんから感想メールが届いたそうで「(岐路に立つマックィーンを)自分にあてはめて考えちゃったと言っていた」と話していた。

イベントには、日本最年少の11歳女子プロレーシングドライバーであるJujuちゃんが、スペシャルゲストとして出席していた。

『カーズ/クロスロード』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
カーズ/クロスロード 2017年7月15日より全国にて公開
(C) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■関連記事:
ピクサー短編『LOU』のイジメっ子は『インサイド・ヘッド』に登場する子どもだった!
師弟関係が熱い! O・ウィルソンが語る『カーズ』故ポール・ニューマンとの共演
奥田民生&松岡茉優らが“カーズ化”!エンジン全開の大ヒットスタート記念で実現
奥田民生、完璧な生歌披露!オリラジ藤森が大興奮「もうたまんないっす!」
【シネマ羅針盤】ピクサーが目指す世代交代、最新作『カーズ/クロスロード』に込めた思いは?