舞台あいさつで客席に手を振る(左から)藤森慎吾、Juju、松岡茉優=東京・TOHOシネマズ日本橋(撮影・開出牧)

写真拡大

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(34)が25日、都内で行われた米アニメ映画「カーズ/クロスロード」(公開中)の夏休み大ヒット記念舞台あいさつに登壇し、チャラ男発言を謝罪した。

 レーシングカーを擬人化した人気作品の続編で、藤森は主人公マックイーンのライバル・ストームの日本語吹き替え版の声を担当している。この日は夏休みということで、小学生で現役プロレーサーの女の子・Juju(野田樹潤=11)がゲストとして登場。藤森は、高校生らに混じって、時速240キロの世界で勝負するJujuにビックリだったが、それでもひるまずにチャラ男ぶりを発揮した。

 「Jujuちゃんもいつかは助手席に座る喜びを知る時もくるのかな」とチャラぜりふで迫ったがJujuは苦笑いするばかり。さらに客席にJujuの父を発見し、「あ、お父さんすいません」と速攻で頭を下げた。

 実はJujuの父は元F1レーサーの野田英樹氏(48)。勝負の世界で生きてきた眼光鋭い父に対しては、筋金入りのチャラ男もひとたまりも無かった。

 映画は2006年に第1作が公開されたディズニーの人気シリーズ。スターレーシングカーとなったマックイーンの人生の岐路を描いている。この日はマックイーン役の声優・土田大(45)、マックイーンをサポートするトレーナーのクルーズ役の女優・松岡茉優(22)も登壇した。