エジプトの首都カイロで会談したサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーンの外相ら(2017年7月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトは25日、18の団体・個人を「テロリスト」に指定したブラックリストを公表した。これら4か国が断交したカタールとつながりを持つイスラム過激派組織に関与している疑いがあると主張している。

 4か国は、サウジアラビアの国営サウジ通信(SPA)を通じて出した共同声明で、「カタール当局と直接的・間接的につながりを持つ」9つの慈善団体と報道機関、9人の個人を「テロリスト」としてブラックリストに載せたと発表した。

 4か国の政府は、イエメンに拠点を置く3つの組織とリビアに拠点を置く6つの組織に対し、国際テロ組織「アルカイダ(Al-Qaeda)」に関与していると非難している。

 さらにカタール人3人、イエメン人3人、リビア人2人、クウェート人1人を名指し、アルカイダ系のイスラム過激派組織「シリア征服戦線(Jabhat Fateh al-Sham)」の前身である「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」やその他のシリアのテロ組織を支援するための資金調達に関与していると主張している。

 共同声明は「われわれはカタール当局が次の段階に進み、これらのテロリストの組織と個人を訴追することを期待する」と述べている。

 4か国政府は6月5日にカタールとの国交を断絶。湾岸地域ではここ数年で最大の外交危機に発展しており、国際社会からは和解を求める声が強まっていた。
【翻訳編集】AFPBB News