中国が西沙諸島に映画館開設、領有の既成事実化狙い

写真拡大

[北京 25日 ロイター] - 新華社は23日、中国がパラセル(西沙)諸島のウッディー(永興)島に映画館を開設したと報じた。実効支配する同島で住民向けのインフラ整備を進め、領有の既成事実化を強化する動きとみられている。

新華社によると、映画館は最新の上映設備を装備。「映画館開設は、西沙の統治下で各島に地域サービスを構築する地元当局の計画の一環」と伝えた。

中国はこのほか、飛行場を建設したり、中国人観光客を乗せた客船を就航させたりしている。

南シナ海は中国が90%の領有権を主張しているが、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、台湾も領有権を争っている。

*写真を追加して再送します。