覇権奪還を狙うデ・ブライネ「来季は6、7チームにチャンスがある」

写真拡大

 ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、昨シーズンと比べて来シーズンの方がトロフィーに近づくと語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日付で報じている。

 昨シーズンのプレミアリーグで3位に終わったマンチェスター・C。シーズン中苦戦したものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を勝ち取ることができた。しかし同選手は、来シーズンは昨シーズンより厳しい戦いになることも予想している。

 デ・ブライネは『スカイスポーツ』のインタビューに対して「去年よりいいシーズンにする」と応えた。「でも、僕たちが良くなっているように、全てのチームがより良くなっている。6、7チームがトロフィーを争えると思う。難しくない試合は1試合もないだろう。でも最後には僕たちが優勝できるといいね」とコメントした。

 また、ライバルチームであるマンチェスター・Uへ移籍した同代表FWロメル・ルカクについて「いずれはビックチームに行くと思っていた。ほかの人が何を言ってるかは関係ない。自分の仕事をするだけだ。彼は彼の仕事をして、マンチェスター・Uで重要な存在になるんだ」と言及している。

 マンチェスター・Cは現在アメリカでプレシーズンツアーを行なっており、27日にはレアル・マドリードをインターナショナル・チャンピオンズカップを戦う。