インテル時代のFWアントニオ・カッサーノとDF長友佑都

写真拡大

 元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノの引退宣言を受けて、インテルの日本代表DF長友佑都が自身のツイッター(@YutoNagatomo5)でメッセージを送った。

 カッサーノは10日にベローナに加入。8日後に引退宣言、その数時間後に現役続行を宣言と心変わりした末、24日に再び引退を宣言し、スパイクを脱ぐことを決断した。一連の“お騒がせ”っぷりに「カッサーノらしいな。笑」とコメントを寄せた。

 カッサーノは2012-13シーズンにインテルに在籍。ともにプレーした元同僚に対して、長友は「また一緒にサッカーしたいよ。まじ天才で走ればボール出てきた。彼とは阿吽の呼吸でプレーしてたね」と敬意を表し、ピッチ上での競演を振り返っている。


●セリエA2017-18特集

●海外組ガイド