インテリアにも看板にも!チョークで書けるクリップボードはいかが?

写真拡大 (全4枚)

黒板に書かれたチョークの文字は懐かしさを感じるとともに、どことなく書いた人の優しさを感じますよね。ハイタイドが発売している「PENCO(ペンコ)クリップチョークボード」があれば、いつでもどこでもチョーク書きの楽しさを味わえますよ。

通常のクリップボードとしてはもちろんのこと、ボード面は表と裏の両方ともチョーク(別売り)で書き込みできます。書類などを挟んでおくだけでなく、ボードに直接書き込んでメモ代わりの備忘録としても使用OK。

▲裏面もブラック。表面と同様にチョークで書き込みできる

また、飲食店や居酒屋でよく見かける“本日のおすすめメニュー”も、家庭でリアルに再現可能です。もちろん、本職の方もメニュー書き用のボードとしてぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

アイデア次第でさまざまな使い方ができそうなクリップチョークボード。サイズは2種類で、価格はA5サイズ(高さ24.5×幅15.2×クリップ部を含めた奥行き2.9cm)が810円、A4サイズ(高さ34.5×幅23.0×同奥行き4.5cm)が918円です。

>> ハイタイド「クリップチョークボードO/S」

 

(文/&GP編集部)