超特急

7月26日にシングル「My Buddy」をリリースする、超特急。『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」』でのトライの数々に手応えを感じるなか発表する新曲はメンバーも予想だにしなかったものだった!?


INTERVIEW & TEXT BY フジジュン



約2時間という時間がパッと過ぎていく感覚


──現在、全国ツアー真っ最中の超特急。初の日本武道館公演も大成功で幕を閉じましたが、それぞれツアーの感想や手応えは?


タカシ 超特急史上最長のツアーだったので、始まる前は何が起こるかドキドキしてたんですけど、始まってみたらあっと言う間で。初挑戦も多いので、楽しく新鮮にやれてます。


カイ メドレーがあったり、つねに誰かがステージでパフォーマンスしてたり、息もつかせぬ内容で、僕たち自身も約2時間という時間がパッと過ぎていく感覚なんです。


ユースケ 今回は超特急のエンターテインメントの幅を広げる、すごく面白い内容になっているんですけど。僕はビジュアルポイでタイミングを合わせてキャッチするのが難しくて、毎回、緊張してやってます(笑)。


──普段のお仕事とライブは上手く切り替えられているんですか?


ユーキ すごく良い感じです。週末が近づくに連れてライブに気持ちが切り替わっていって、週末にライブで完全燃焼して。また平日に力を溜めて、週末に臨める感じです。


タクヤ 初めて行く場所も多いですけど、どの会場でもオープニングからすごい声援で、超特急を初めて観に来てくれた人が想像以上に盛り上がってくれました。8号車の輪がどんどん広がっているんだなという喜びは毎回感じているし、まだ行けていない場所にもどんどん行きたいなと思いました。








. ツアー始まりました 初日、札幌公演の1枚 . 遅くなってごめんね . . #超特急 #5周年ツアー #trancenipponexpress #札幌 #fanfare


A post shared by 草川拓弥 / 超特急 タクヤ (@takunicochanman) on





ライブがどんどん熱くなっているのを感じます


──超特急としての成長もしっかり感じて?


ユーキ オープニングでそれぞれが好きなダンスを踊ったり、毎回変化があるのも楽しいし、成長に繋がってる気はしますね。


コーイチ 今回のツアーは全体がよく見えて、自分のやることも見えてるし、チーム全体としても試行錯誤しなきゃいけないところもはっきりしていて。着実に前に進めている実感があるので、すごく良い状況ですね。


リョウガ 春から夏に季節もまたいで、途中で夏曲をやり始めたり、ライブ自体が進化しているし、ライブがどんどん熱くなっているのを感じます。


一公演ごとで劇的な変化はないかもしれませんが、ファイナルを終えて、またライブを重ねていくことで、成長やツアーで得たものを実感できるんじゃないかって。それが楽しみです。


「僕たち、みんなに見守られてるんだなぁ」って感じられた


──初の日本武道館公演はどうでしたか?


カイ 武道館は8号車をすごく近くに感じられました。8号車に見守られながら、一緒にライブを作っている感覚や一体感を実感できて、すごく楽しかったです。


ユーキ ステージからの景色は本当にすごかったよね。お客さんを見上げる感じで、さらに見上げると国旗があって!


タカシ しかも一人ひとりの表情がしっかり見えるんですよ! 上のほうの奥にいる8号車の顔まで肉眼でも見えるのは感動したし、「僕たち、みんなに見守られてるんだなぁ」って感じられて、すごく力強かったです。


──武道館では30分メドレーの後に披露した、「超ネバギバDANCE」も印象的でした。


コーイチ 他の曲と明らかに色が違うし、現在の僕たちの等身大が出ているから、より映えて見えるんだと思います。そこが30分メドレーの後に置いた意味でもあったんですけど。


「超ネバギバDANCE」はあの場所にあったのにすごく意味がある


──なるほど。様々なタイプの過去楽曲を聴いた後、「超ネバギバDANCE」で現在の等身大の超特急を見てほしかったんですね。


タカシ そうですね。30分メドレー自体も経験したことのない長さだったけど、気づいたら「超ネバギバDANCE」を歌ってましたね(笑)。超特急の名に相応しい、スピード感で駆け抜けるメドレーになったと思います。


「超ネバギバDANCE」はあの場所にあったのにすごく意味があるんですよ。「これからも止まんねぇぜ!」って僕たちなりの意思表示ができたんじゃないかなって。



歌いながら自然と笑顔になっちゃいました


──頼もしいです! そして、早くもニューシングル「My Buddy」がリリースされます。


コーイチ すごくポップでキャッチーで、親しみやすい曲だなというのが最初の印象で。“Buddy=相棒”ということで、歌詞も身近にある大切なことに気づかせてくれる曲なので、8号車はもちろん、お茶の間にも響く曲になるだろうなと思いました。


歌ってみたら意外とキーが高くて驚いたんですけど(笑)。かわいい曲なんで、小さい子たちにも歌ってほしいですね。


タカシ すごく爽やかな曲で、夏に出すシングルにぴったりだなって思いました。前向きな歌詞も良くて、レコーディングでも歌いながら自然と笑顔になっちゃいました。「超特急、今が旬ですよ!」みたいな感じも出てると思うし、早くみんなに聴いてほしいです!


──ダンスメンバーは「My Buddy」の感想は?


カイ この曲では、僕たちがガッツリ踊って魅せるというより、みんなで踊れる楽しい振りを意識しました。サビの部分だったり、もっと言えば全部一緒に踊れちゃうくらいの振り付けだと思うので。ぜひミュージックビデオやライブで振り付けを覚えて、一緒に踊ってほしいです。



「そっちで予想を裏切ってくるか!」と思いました(笑)


──子供たちも一緒に踊れたらかわいいですね。


カイ 小さい子にも踊ってほしいですね! この曲に向けての新しいビジュアルを笑顔で撮ったんですけど、笑顔が似合う、写真のイメージ通りな曲です。


リョウガ 超特急は途中で曲調が変わったり、何か仕掛けがあったりして、“ヘンテコ要素”が入った曲が多いじゃないですか(笑)。


今回はどんなヘンテコ要素が入ってるのかな? と思って聴いたら、まさかのシンプルでポップな曲で、「そっちで予想を裏切ってくるか!」と思いました(笑)。


でも、笑顔と幸福感に満ち溢れた曲だなと素直に思ったし、みんなで踊れる楽しい曲なので、僕たちの“My Buddy”である8号車の前で早く披露したいです。


後編に続く



ライブ情報


Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」

08/08(火)東京・国際フォーラム ホールA

詳細はこちら


HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」

08/28(月)“超”整中

Special Act:超整中(第二弾発表をお楽しみに)

08/29(火)“超”芸人フェス

Special Act:超特急、ココリコ、椿鬼奴

08/30(水)“超”スタダフェス

Special Act:超特急、私立恵比寿中学

08/31(木)“超”整中

Special Act:超整中(第二弾発表をお楽しみに)

09/01(金)“超”イロモノフェス

Special Act:超特急、ゴールデンボンバー

会場:豊洲PIT

詳細はこちら



プロフィール


チョウトッキュウ/コーイチ(1号車、BACK VOCAL、お父さん担当)、カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)、リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)、タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)、ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)、ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)、タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)。2011年12月25日に結成された7人組メインダンサー&バックボーカルグループ。


オフィシャルサイト



リリース情報


2017.07.26 ON SALE

SINGLE「My Buddy」

SDR