MASUNOTANKA20TH

写真拡大

 歌人 枡野浩一のデビュー20周年を記念したTシャツ歌集「MASUNOTANKA20TH」が9月に発売される。「ストラマ(STORAMA)」が監修。クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」で8月23日まで制作費の支援を募っている。
 Tシャツ歌集は「ドラえもん短歌」「ショートソング」など約40冊の短歌本を出版してきた歌人の枡野浩一の「日本語を着る」という試み。過去の発表作品から厳選した20首の短歌を、Tシャツを白いページに見立てて印刷して製作した。「あじさいが ぶつかりそうな 大きさで 咲いていて今 ぶつかったとこ」、「色恋の 成就しなさに くらべれば 仕事は終わる やりさえすれば」などの短歌がTシャツに1首ずつ綴られる。