リンキン・パーク、故チェスター・ベニントンに宛てた手紙を公開

写真拡大

 2017年7月24日、故チェスター・ベニントンに宛てた手紙をリンキン・パークのメンバーがバンドの公式フェイスブックに公開した。

 20日にベニントンが自殺してからバンドとして初の正式なメッセージとなる。

◎リンキン・パークの手紙全文訳
 「親愛なるチェスター。僕たちの心は打ち砕かれてしまった。起きたことを受け入れようとしているけれど、まだ悲しみと認めたくない気持ちの衝撃が僕たち家族に押し寄せているんだ。

 君は自分が思っていた以上に多くの人々に影響を与えていたんだよ。ここ数日の間、公の場でもプライベートでも世界中から愛と支持が多く寄せられるのを僕たちは目の当たりにした。

 タリンダと家族は感謝しているし、君が最高の夫、息子、そして父親だったことを世界に知ってほしいと願っている。君がいなければ家族はもう揃わないんだ。

 これからの年月について君と語り合った時、君の興奮はこっちにも伝わっていたよ。君の不在は埋めることができない虚しさを残しているんだ。騒々しくて、面白くて、意欲的で、クリエイティブで、親切で、寛大な君の意思がこの場から消えてしまったから。

 君を僕たちから奪った“悪魔”は、ずっと君の一部だったんだと自分たちに言い聞かせようとしてる。だってそもそも君がその悪魔について歌う姿にみんな惚れ込んだんだから。

 君は恐れずにそれを披露し、そうすることで僕たちを団結させ、より人間らしくなれるよう教えてくれた。君は本当に広い心の持ち主で、その心の内を率直に打ち明けていたんだね。

 音楽を作って演奏することへの僕たちの愛情は抑えきれない。今後の道がどこへ向かうのかは分からないけれど、君が僕たちそれぞれの人生をより良くしてくれたことは確かだよ。その贈り物に感謝してる。君を愛してるし、君がいなくてすごく寂しいよ。

 また会う日まで。リンキン・パーク」

◎リンキン・パークによる投稿
https://www.facebook.com/linkinpark/posts/10155478666281788