ヴァーディの再来となるか レスターが英3部の20歳FW獲得へ、移籍金7200万円用意

写真拡大

ウェールズの年代別代表に選ばれ続けきた、コベントリーのトーマスが獲得間近に

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、新戦力として20歳のFWを獲得が間近なようだ。

 英紙「レスター・マーキュリー」が報じている。

 レスターはコベントリー所属の20歳FWジョージ・トーマスとの交渉がほぼ合意に至ったという。昨季は22試合出場3ゴールで、ウェールズの年代別代表にも選ばれ続けてきている。

 記事によれば、トーマスにはレスター以外にもスウォンジー、ニューカッスル、ブライトン、バーンリーが獲得に興味を示したこともあり、コベントリーに出したオファーは当初の30万ポンド(約4300万円)から50万ポンド(約7200万円)へ増額されたという。

 コベントリーは3部相当のチームであり、20歳の将来有望な選手に対してと考えても決して大型の契約ではない。しかし、エースFWジェイミー・ヴァーディをアマチュアリーグから発掘して加入させ、イングランド代表に選ばれるまでに育て上げたレスターだけに、その才能がどれほどのものか注目が集まる。

 ふたを開けてみれば、岡崎にとっての強力なライバルになる可能性も秘めている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images